臆面もなく

【漢字】臆面もなく
【読み】おくめんもなく
【意味】遠慮した様子もなく図々しい者。
【例文1】臆面もなく並んでる列に割り込んでくる。
【例文2】彼は臆面もなくよく食べる。
【例文3】臆面もなく手ぶらで来訪する。

臆面もなくをテーマにした記事

「臆面もなく」授業に出る坊ちゃん先生

「臆面もなく」とは「気おくれした顔面、様子がちっとも感じられない」ことです。この言葉で連想されるのは夏目漱石の「坊ちゃん」です。主人公は単純明快な青年で、四国松山の中学校の数学教師として、東京から赴任します。初めての土地、初めての教職ですが、江戸っ子気質を武器に生徒たちと向き合います。ただし、田舎町では新参者が珍しいこともあり、先生の動向を生徒たちは逐一知り、共有しては黒板に書いてからかってきます。それもこの坊ちゃん先生のことが気に入っているからこその行動なのですが、本人は気が付かず、只々生意気な生徒たちが、元気を持て余してかまってくるぐらいにしか思っていません。田舎に来て、知り合いもいない解放感から、運動のためにと人がいないのを見計らっては毎日のように銭湯で泳ぐ彼。ある日、墨黒々と「泳ぐべからず」と書いてあります。そして次の日の朝、教室の黒板に「湯の中で泳ぐべからず」と書かれています。まるで生徒に見張られているようだと驚きながらも、銭湯で泳いだことに反省するでもありません。そして文字通り「臆面もなく」淡々と授業をこなしていきます。生徒たちはその後もからかい続けますが、次第に両者に信頼関係が生まれます。

」で始まる言葉一覧

1989.恩を売る  1974.恩を仇で返す  1959.恩に着る  1944.恩に着せる  1929.音頭を取る  1913.温故知新  1893.尾を引く  1871.折り紙付き  1846.親はなくとも子は育つ  1830.親の光は七光  1814.親の脛をかじる  1761.親方日の丸  1743.重荷を下ろす  1725.思う壺  1707.思うこと言わねば腹膨る  1689.思い立ったが吉日  1668.溺れる者は藁をもつかむ  1647.尾ひれを付ける  1626.お百度を踏む  1605.帯に短し襷に長し  1584.お鉢が回る  1563.十八番  1541.尾羽うち枯らす  1518.鬼も十八、番茶も出花  1495.鬼の目にも涙  1471.鬼の首を取ったよう  1420.鬼の居ぬ間に洗濯  1394.鬼に金棒  1340.鬼が出るか蛇が出るか  1311.同じ釜の飯を食う  1281.同じ穴の狢  1251.音に聞く  1221.男は度胸、女は愛嬌(敬)  1191.男心と秋の空  1161.お茶を濁す  1129.お茶の子さいさい  1097.小田原評定  1064.お高くとまる  1031.押しも押されもしない  1009.親思う心に勝る親心  998.押しが強い  965.教えの庭  931.お先棒を担ぐ  896.驕る平家は久しからず  861.後(遅れ)れを取る  824.臆面もなく  788.おくびにも出さない  751.奥歯に物が挟まる  712.屋上屋を架す  673.傍(岡)目八目  635.お株を奪う  596.陸に上がった河童  557.大目に見る  516.大目玉を食う  475.大見得を切る  435.大風呂敷を広げる  393.大船に乗ったよう  310.大手を振る  267.大きな口をきく  224.大きな顔をする  180.大男総身に知恵が回りかね  136.おうむ返し  92.王手を掛ける  48.負うた子に教えられて浅瀬を渡る  5.老いては子に従え