行間を読む

【漢字】行間を読む
【読み】ぎょうかんをよむ
【意味】文章には直接表現されていない登場人物や筆者の気持ちを感じ取る。
【例文1】行間を読む力をつけるため授業の前に朝読書がある。
【例文2】洞察力があり行間を読むのが得意だ。

行間を読むをテーマにした記事

行間を読むことの大切さ

私は長年、翻訳の勉強をやっています。
外国語を訳す時、書かれている言葉をそのまま訳したのでは、単なる直訳になってしまいます。

さいきん、AIの影響で、自動翻訳機能も多く見かけるようになりました。
自動翻訳で出来るのは直訳だと思っています。

もし、AIで行間を読む翻訳ができるようになれば、もう翻訳家は必要なくなってしまうのかもしれません。
しかし、翻訳作業は他のクリエイティブな作業と同じで、見えない部分を安くことが大事だと思っています。

いくらAIが発達したとしても、やはり人間にしかできない仕事というものは、今後も残っていくことでしょう。

行間を読むことは読み書きだけではなく、会話の中でも重要です。
その場の見えないものを読み取る力は、以前に比べると無くなってきたとも言われています。

その原因の一つは、読書力が弱くなってきていることではないかと思います。
文章を読む習慣がないと、どうしても表面上の書かれている言葉だけで理解しようとしてしまいます。

これでは行間を読むことができなくなってしまいますし、場合によっては良好な人間関係を築いていくにも支障が出てしまうのではないかと思います。

行間を読めるようになるにはある程度の訓練が必要です。
どんなに時代が進んでも、基本的なことはきちんと習得していかなければいけないのではないかと思っています。

行間を読むの意味とは?

「行間を読む」という言葉がありますけど、これは割と見かける言葉と言えると思います。日常生活の中でも使うことがありますし、この表現を見ることもよくあるのではないでしょうか?この行間を読むというのは、意味を簡潔に説明すると、文章や言葉として直接表現されてはいないが、その部分を考慮して理解しないといけないということになります。つまり、書かれていることや言っていることを、そのまま理解しないことを意味すると思います。行間を読むことができないと、意思疎通が正確にできないことがあると言えます。直接言いたいことを言わないのが悪いという見方もできなくはないですが、言いたいことをそのままストレートに言わない、言えない機会が結構現実的にあると思うので、そこを考慮すると、誰かの言葉や文章をそのまま理解するのではなく、相手の意図を読み取る力が別途必要になる、そう考えている人が多いのでしょう。行間を読む力がないと、勘違いを起こしたり、上手くコミュニケーションがとれなかったりすることもあるので、行間を読むということは上手く生きるために必要な能力の1つとして持っておかないといけないと言えると思います。常に相手の言っていることなどについて、真意ではない前提でいた方が良いと思います。

行間を読むことができる人は人付き合いが上手い

「行間を読む」ということが正直、私は苦手です。
そもそもこの言葉には、文章に文字としては書かれていない書き手の真意を汲み取るという意味があります。
転じて、会話している内容に対して、伝えにくいことがあったら遠回しに伝えることで、受け手に察してもらうことも意味していますが、空気を読むと同じような意味を感じます。
元々繊細に考えられないさっぱりした性格のせいか、そのような含みのある言い方をされると、言いたいことがあるならハッキリ言ってくれればいいのに、と思ってしまいます。
しかし、この行間を読むことは、コミュニケーションをスムーズに進めるためにとても重要なことだと思います。
これができる人は相手のことを思いやることができて、どうやったら喜んでくれるのか、などを瞬時に判断することのできる人だと思うからです。
そのため、なんとか言葉の意味を読み取って、相手の今の心情を推し量るように意識していますが、正直疲れてしまいます。
外国の方は割りとストレートに物事を伝える印象があるので、もしかしたらこれは日本独自のものなのかもしれませんね。
ただ、仕事に関しては細やかな報告が求められるので、この行間を読むことをしなくて済みます。というよりは察して下さいと言わんばかりの文章は失礼にもあたり、状況によっては怒られることにもなりかねません。
TPOに合わせた対応をすることは大変ではありますが、世渡りの上では大切なことですね。

」で始まる言葉一覧

2509.麒麟児  2505.琴線に触れる  2501.金言耳に逆らう  2513.金字塔  2429.軌を一にする  2423.切り口上  2449.気を配る  2469.気を回す  2489.気を許す  2444.気を利かせる  2464.気を吐く  2485.気を揉む  2481.気を持たせる  2493.金科玉条  2405.清水の舞台から飛び降りる  2477.木を見て森を見ず  2473.義を見てせざるは勇なきなり  2417.綺羅星のごとく  2439.気を落とす  2411.虚を衝く  2434.気を失う  2459.気を取り直す  2454.気を取られる  2497.謹厳実直  2316.共存共栄  2267.窮鳥懐に入れば猟師も殺さず  2399.毀誉褒貶  2393.漁夫の利  2284.窮余の一策  2204.九牛の一毛  2308.胸襟を開く  2356.器用貧乏  2339.興に乗る  2331.驚天動地  2222.九死に一生を得る  2221.金の草鞋で探す  2249.窮鼠猫を噛む  2379.玉石混淆(交)  2372.曲学阿世  2258.旧態依然  2386.虚心坦懐  2364.興味津津  2348.京の着倒れ、大阪の食い倒れ  2213.旧交を温める  2240.窮すれば通ず  2276.急転直下  2300.行間を読む  2231.牛耳る  2292.灸を据える  2324.兄弟は他人の始まり  2030.踵を返す  2042.気骨が折れる  2150.肝(胆)をつぶす  2066.木目が細かい  2102.肝(胆)が小さい  2126.気もそぞろ  2162.肝(胆)を冷やす  2185.杞憂  2195.牛飲馬食  2138.肝(胆)に銘じる  2003.牙を研ぐ  2054.きまりが悪い  2090.肝(胆)が据わる  2173.脚光を浴びる  2114.肝(胆)が太い  2016.牙を剥く  1991.気は心  1976.着の身着のまま  1961.昨日の敵は今日の友  1946.木に縁りて魚を求む  1848.気に障る  1915.気になる  1895.木に竹を接ぐ  1931.気に病む  1873.機に乗じる  1816.気に掛ける  1832.気に食わない  1745.木で鼻を括る  1799.気が入る  1727.狐の嫁入り  1709.狐につままれる  1763.喜怒哀楽  1781.軌道に乗る  1448.聞く耳を持たない  1586.喜色満面  1607.疑心暗鬼  1543.起承転結  1628.帰心矢のごとし  1565.机上の空論  1649.機先を制する  1691.狐と狸の化かし合い  1497.起死回生  1520.雉も鳴かずば打(撃)たれまい  1473.機嫌を取る  1670.奇想天外  1422.聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥  1396.危急存亡の秋  1223.危機一髪  1313.聞き捨てならない  1253.奇奇怪怪  1283.聞きしに勝る  1369.聞き耳を立てる  1342.鬼気迫る  1131.気が揉める  1193.木から落ちた猿  1099.気が滅入る  1000.気が回る  1066.気が向く  1033.気が短い  967.気が引ける  933.気が早い  826.気がない  753.気が遠くなる  675.気が付く  714.気が強い  637.気が散る  898.気が抜ける  863.気が長い  790.気が咎める  226.気が置けない  269.気が重い  598.気が小さい  312.気が利く  559.気が立つ  437.気が進まない  477.気が済む  518.気が急く  354.気が気でない  395.機が熟す  182.気が多い  138.気炎を揚げる  7.聞いて極楽見て地獄  94.気宇壮大  50.黄色い声