片鱗を示す

【漢字】片鱗を示す
【読み】へんりんをしめす
【意味】才能の一部を見せる。
【例文1】彼のバッティングは将来大物打者の片鱗を示す。
【例文2】子どもの頃から可愛い彼女はモデルの片鱗を示す。
【例文3】物覚えが早い息子は職人の片鱗を示す。

片鱗を示すをテーマにした記事

片鱗を示す余裕が欲しいです

魚であれば鱗一枚、鳥であれば羽毛一枚でも、およそどの程度の大きさなのか想像がつくことから「片鱗を示す」という言葉が出来たようです。
実際にスズメとカラスの羽根を比べてみれば一目瞭然でしょう。
爪やら髪からどのような人間かを言い当てるようなプロファイリングは凄いですが、ここでは取り上げる話題ではないです。
人間でいうところの鱗一枚は、その人物が持つ才能の一部を意味します。
重要なのは一部を垣間見せることで、全体の大きさを想像にお任せするという辺りでしょう。
試合などで運よく全力を出すことに成功した結果が、実力の片鱗と思われたならば儲けものです。
勝手に過大評価して対戦相手が萎縮してしまうことすら期待したくなります。
実際には片鱗どころか、全体像をまるっと把握された上でいいようにあしらわれるのが普通です。
余程の大人物、大器でなければ片鱗などという言葉が使われることはありません。
そのように才能に恵まれた人間がさらに努力して才覚に磨きをかけるのですから凡俗の及ぶところではないというものです。
偶然の成功を才能の片鱗と見せかけて、ハッタリをかますに終わるのが精一杯です。

」で始まる言葉一覧

2540.下手の道具立て 808.片鱗を示す 696.片言隻語 735.ペンは剣よりも強し 657.変幻自在 619.弁慶の泣き所 772.偏旁冠脚 457.屁の河童 204.へそを曲げる 248.下手な鉄砲も数打ちゃ当たる 580.弁慶の立ち往生 291.下手の考え休むに似たり 540.減らず口を叩く 334.下手の道具調べ 499.蛇ににらまれた蛙 417.下手の横好き 160.へそで茶を沸かす 72.平身低頭 28.平穏無事 116.平々凡々 374.下手の長談義