筆舌に尽くしがたい

【漢字】筆舌に尽くしがたい
【読み】ひつぜつにつくしがたい
【意味】文章や言葉に表すのが難しいほどはなはだしい。
【例文1】空き巣に入られ、言葉がでないほど筆舌に尽くしがたい。
【例文2】万引き犯が反省もなく筆舌に尽くしがたい。
【例文3】結婚式に寝坊とは筆舌に尽くしがたい。

筆舌に尽くしがたいをテーマにした記事

きっと一生に一度の、筆舌に尽くしがたい

結婚してから専業主婦となり、自分の趣味の時間や遠出する機会がグッと減りました。
普段は自宅と近所のスーパーの往復、それと家事や子どもたちに関する用事など。
今は今の幸せがあるからそれを不満だとは思わないけれど、ある時主人が女性歌手のライヴへの参加を勧めてくれました。
その女性歌手は私が生まれて初めて好きになった芸能人で、ファンになってからは約15年ほど。
あまり頻繁に活動されている人ではなく、ライヴは多くても一年に二回あればいい方と言う感じの人でした。
開催場所は東京か、その人の生まれ故郷である大阪のどちらかがほとんどで、九州在住の私は、距離的な理由からライヴに参加したことはありませんでした。
勧めてもらったライヴも大阪開催で、遠いから日帰り出来ないだろうし、やめておくと断りました。
ですが「いつかその人が活動をやめてしまう前に、一度くらい生の歌を聴いてきたら」と主人が強く背中を押してくれて大阪に行くことになりました。
私にとっては初めての関西、初めての大阪で右も左も分からず、ライヴ会場を探すだけでもヘトヘトになりました。
たどり着いた時はライヴの時間を大幅に過ぎていて筆舌に尽くしがたい体験でした。

」で始まる言葉一覧

2095.貧すれば鈍する 2011.ピリオドを打つ 2048.ピンからキリまで 2024.疲労困憊 2144.檜舞台 2108.貧乏くじを引く 2132.独り舞台 2060.品行方正 2036.火を見るよりも明らか 2084.ひんしゅくを買う 2156.日和見 2120.貧乏暇なし 1998.比翼連理 1861.百里を行く者は九十を半ばとす 1969.氷山の一角 1824.百も承知 1807.百聞は一見に如かず 1923.百鬼夜行 1954.冷や飯を食う 1939.百発百中 1884.百家争鳴 1905.百花繚乱 1984.ひょうたんから駒が出る 1771.百害あって一利なし 1753.火蓋を切る 1789.百戦錬磨 1735.火花を散らす 1717.日の目を見る 1434.一役買う 1484.一人(独り)相撲を取る 1508.人を食う 1699.火のない所に煙は立たぬ 1595.火に油を注ぐ 1679.火の付いたよう 1553.人を見たら泥棒と思え 1408.人目を盗む 1460.一山当てる 1574.人を見て法を説け 1637.非の打ち所がない 1658.火の車 1616.微に入り細を穿つ 1531.人を呪わば穴二つ 1354.人目に付く 1296.人は見掛けによらぬもの 1206.一肌脱ぐ 1236.一花咲かせる 1266.人はパンのみにて生きるにあらず 1381.人目を忍ぶ 1326.瞳を凝らす 1113.人のふんどしで相撲を取る 1145.人は一代、名は末代 1176.一旗揚げる 914.人こそ人の鏡 1015.人の噂も七十五日 982.一つ穴の狢 1048.人の口には戸は立てられない 948.一筋縄ではいかない 1081.人のふり見て我がふり直せ 806.一泡吹かせる 694.筆舌に尽くしがたい 733.必要は発明の母 655.左うちわで暮らす 617.額を集める 879.人聞きが悪い 843.一息入れる 455.肘鉄砲を食う 202.日暮れて道遠し 246.膝が笑う 578.顰に倣う 289.庇を貸して母屋を取られる 538.美人薄命 332.膝を打つ 497.美辞麗句 372.膝を乗り出す 415.膝を交える 158.悲喜交交 144.日陰の豆も時が来ればはぜる 70.火が消えたよう 26.ひいきの引き倒し 114.引かれ者の小唄