偏旁冠脚

【漢字】偏旁冠脚
【読み】へんぼうかんきゃく
【意味】漢字の部首の総称。
【例文1】偏旁冠脚の四字熟語があるが、実際は偏旁冠脚のほか垂(すい)
   構(こう)・繞(にょう)合わせて7つである。
【例文2】偏旁冠脚の成り立ちを調べる。
【例文3】偏旁冠脚を覚える。

偏旁冠脚をテーマにした記事

 

」で始まる言葉一覧

2540.下手の道具立て 808.片鱗を示す 696.片言隻語 735.ペンは剣よりも強し 657.変幻自在 619.弁慶の泣き所 772.偏旁冠脚 457.屁の河童 204.へそを曲げる 248.下手な鉄砲も数打ちゃ当たる 580.弁慶の立ち往生 291.下手の考え休むに似たり 540.減らず口を叩く 334.下手の道具調べ 499.蛇ににらまれた蛙 417.下手の横好き 160.へそで茶を沸かす 72.平身低頭 28.平穏無事 116.平々凡々 374.下手の長談義