「箔が付く」とは、価値や評価が高まること

「箔が付く」とは、価値や評価が高まることを言います。。

意味:

  • 価値や評価が高まること。
  • 名誉や権威が増すこと。

語源:

  • 金箔や銀箔を施すことで、物の価値が上がることに由来する。

例文:

  • 国際的な賞を受賞したことで、彼の作品に箔が付いた。
  • 長年の経験によって、彼の言葉には重みが増し、箔が付いた。
  • 名門大学を卒業することで、彼の将来に箔が付いた。

類義語:

  • 格が付く
  • 値打ちが付く
  • 重みが付く
  • 信頼度が増す
  • 名誉が増す

対義語:

  • 価値が下がる
  • 評価が下がる
  • 名誉を失う
  • 信頼を失う

注意点:

  • 「箔が付く」は、主に人や物に対して使われます。
  • 具体的な実績や肩書きによって、その人や物の価値や評価が高まったことを意味します。

補足:

  • 「箔が付く」は、ポジティブな意味合いを持つ表現です。

その他:

  • 「箔が付く」ためには、努力や経験が必要不可欠です。
  • 常に目標に向かって努力し続けることで、自分自身の価値を高めることができます。

参考URL:
【箔が付く】ってどんな意味? 言葉の由来や例文、言い換えなどをご紹介 | Domani 箔が付くとは値打ちが高まること。言葉の由来や例文、言い換えなどをご紹介