見得を切る

【漢字】見得を切る
【読み】みえをきる
【意味】歌舞伎役者が決めポーズをする。良いところを見せようと意気込む。
【例文1】後輩の前で見得を切って全員分のご飯をおごる。
【例文2】見得を切って彼女に高級バッグをプレゼントする。
【例文3】気に入った女性の前で見得を切る。

見得を切るをテーマにした記事

 歌舞伎がルーツの「見得を切る」の「見得」はストップモーション

見得を切るとは自分の自信を見せつけることです。
見栄を張ると似ている感じもしますが、見得(みえ)と書くのです。
歌舞伎役者が最後の決め所で凛々しい顔して指を広げ腕を前に出すポーズが見得を切ると言えます。

わたしも見得を切った性格で収入が多くないにも関わらず、好きな人の前では
高い物を身につけたりご飯に誘って余裕な態度でお代を済ませます。
しかし、その裏では必至で倹約です。煙草もやめ、夜中の間食も控えます。
毎日のビールは2本から1本に我慢です。しかし健康にもいいのでこれをきっかけにこのままいけそうです。
先日、上司から休日出勤のお願いが出ました。誰も出たがりませんので、ここは私が見得を切って挙手して社内の女子社員の株を上げようとしました。金欠だったので内心ほっとしました。

見得を切るとは

「彼は課長の前で『今回の交渉は私に任せてください』と見得を切っていたけど、ほんとうに大丈夫かな」というような使われ方をする「見得を切る」という言葉。なんとなくわかってはいるけれど、正確な意味や使い方がいまいちわからないという方も少なくないでしょう。
かんたんに言えば、「自分の力を人に誇示して、いいところを見せようと意気込むこと」という意味になります。そこには少々否定的なニュアンスがあり、「ちょっと無理をしている」という含意があると考えていいでしょう。
冒頭の例でも、見得を切った人を、同僚が心配しているわけです。
さて、この言葉、そのルーツは歌舞伎にあります。歌舞伎芝居の中で、クライマックスシーンや役の感情が高揚したようなシーンで、役者が美しい、あるいは力強いポーズを作って静止することがあります。このストップモーションが、「見得」という、歌舞伎独特の演技技法なのです。
テレビで人気役者の市川海老蔵が、大きく見開いた目を寄せて形を決めたシーンを目にしたことのある人もいるでしょう。あれが「荒事」と呼ばれる歌舞伎芝居のジャンルの「見得」です。
つまり、歌舞伎では特に観客に強く印象付けるための演技テクニックだったものが、一般的に使われるようになって、「見得」には「ちょっと無理をしている」というニュアンスが生まれたということになるでしょう。
なお、混同しがちですが、「見得」は「切る」ものであり、「見栄」は「張る」ものです。
「見栄」には「虚栄」の意味が強くなりますから、「見得を切る」よりもさらに否定的な意味になると考えていいでしょう。

「見得を切る」と言えばこの人

「見得を切る」見得と書く「ミエ」は「歌舞伎などの演技で役者が動作や感情の頂点に達したことを表現するために、一瞬止まって独特のポーズをすること」で、「見得を切る」の意味は「俳優がミエのポーズをすること、転じて相手に対して自分を誇示するような態度をとること」です。たぶん「見得を切る」と言われたら八割以上の人が歌舞伎を思い浮かべるのではないでしょうか。その中でも市川家が代々守ってきた見得の切り方、表情をにらみとも言います。市川家の特に團十郎に睨まれると邪が払われ福運がつく縁起物だと言われます。市川團十郎は市川系宗家の歌舞伎役者で屋号は成田屋です。初代が市川家のお家芸でもある荒事という演技を確立しました。その初代市川團十郎は子供になかなか恵まれず、成田山新勝寺に願掛けにきたところ、子供が授かったということで、お礼の意味を込め屋号は成田屋とし、毎年欠かさず参詣し、市川家のお祝い事は成田山新勝寺で行っています。その際は一族の役者が勢ぞろいして参道を練り歩く「お練り」も見られます。市川團十郎の見得は新勝寺のご本尊の不動明王像にヒントを得たと言われ、不動明王様の眼がギョロリと剥かれ、片方の黒目が正面を向き、もう片方の黒目は余所を向いています。やぶにらみ状態です。その睨みを取り入れているのです。勧進帳の弁慶や助六など市川家の決めた歌舞伎十八番での見得を切る様は、昔も今も市川家に受け継がれ、客を魅了しています。

 

 

」で始まる言葉一覧

2542.水の流れと身の行方 2425.見様見真似 2407.見切り発車 2401.身を寄せる 2419.未曾有 2413.水掛け論 2319.身を切られるよう 2311.身を固める 2262.見るに堪えない 2395.身をもって 2287.身を誤る 2208.脈がある 2359.身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ 2303.身を起こす 2351.身を粉にする 2334.身を削る 2226.未来永劫 2244.見ると聞くとは大違い 2374.身を挺する 2253.見るに忍びない 2367.身を立てる 2388.実を結ぶ 2381.身を投じる 2343.身を焦がす 2217.冥利に尽きる 2279.見る目がある 2235.見る影もない 2271.見るに見かねる 2295.身を入れる 2327.身を砕く 2096.耳を貸す 2012.耳にする 2049.耳に入る 2025.耳にたこができる 2145.耳をそばだてる 2109.耳を傾ける 2168.耳を塞ぐ 2121.耳をくすぐる 2190.身も蓋もない 2133.耳を澄ます 2073.耳寄りな 2037.耳に付く 2085.耳を疑う 2157.耳を揃える 2179.見向きもしない 1999.耳に障る 1863.実るほど頭の下がる稲穂かな 1970.耳慣れない 1825.身の振り方 1841.身の程知らず 1808.身の毛がよだつ 1924.耳が痛い 1955.耳が早い 1940.耳が肥える 1886.身二つになる 1906.耳打ちする 1985.耳に入れる 1772.身になる 1754.身につまされる 1790.身の置き所がない 1736.身に付ける 1718.身に付く 1411.味噌を付ける 1437.道が開ける 1463.道草を食う 1487.道を付ける 1682.身に覚えがない 1700.身に染みる 1598.三つ子の魂百まで 1556.三日坊主 1511.三日天下 1577.三日見ぬ間の桜 1640.緑の黒髪 1619.三つ指をつく 1661.身に余る 1534.三日にあげず 1357.身銭を切る 1300.水を差す 1210.水をあける 1240.水を打ったよう 1270.水を得た魚のよう 1384.店を畳む 1329.水を向ける 1117.水の滴るよう 1149.水は方円の器に従う 1180.水も漏らさぬ 918.水際立つ 1019.水と油 1052.水に流す 1085.水の泡 952.水臭い 811.水が合わない 699.見ざる聞かざる言わざる 738.微塵もない 622.みこしを担ぐ 660.みこしを据える 775.水入らず 883.水清ければ魚すまず 847.水が入る 460.右の耳から左の耳 207.身が入る 583.みこしを上げる 294.身から出た錆 543.見切りを付ける 251.身が持たない 337.右から左 502.右にならえ 377.右と言えば左 420.右に出る者がいない 163.磨きを掛ける 75.見得を切る 119.見栄を張る 31.ミイラ取りがミイラになる