「柳の下にいつもどじょうはいない」とは、一度うまくいったからといって、同じ方法でまたうまくいくとは限らない

「柳の下にいつもどじょうはいない」とは、一度うまくいったからといって、同じ方法でまたうまくいくとは限らない。

意味:

  • 一度うまくいったからといって、同じ方法でまたうまくいくとは限らない。
  • 偶然の好機は二度と訪れないこともあるので、油断してはいけない。

読み方: やなぎのしたにいつもどじょうはいない

類義語:

  • 驕りは滅びの始まり
  • 油断大敵
  • 一寸先は闇
  • 二度あることは三度ない
  • 転ばぬ先の杖

対義語:

  • 幸運
  • 成功
  • 確実
  • 常勝
  • 無敵

例文:

  • 彼は、一度成功しただけで慢心し、その後は失敗を重ねた。
  • 株投資は、一度儲かったからといって、必ずしも次は儲かるとは限らない。
  • 試験勉強は、過去問を解いただけで安心せず、最後までしっかり復習することが大切だ。

補足:

  • このことわざは、江戸時代から使われており、当時の川柳にも詠まれています。
  • 現代社会でも、ビジネスや投資など様々な場面で当てはまる教訓です。

参考URL:
柳の下に何時も泥鰌は居ない(やなぎのしたにいつもどじょうはいない)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書