「火が消えたよう」とは、活気が失われて寂しくなった様子を表す慣用句

「火が消えたよう」とは、活気が失われて寂しくなった様子を表す慣用句です。

由来

灯火が消えると、周囲は暗くなり、活気が失われます。このことから、「火が消えたよう」という表現が生まれました。

意味

「火が消えたよう」は、活発だった場所が静まり返り、寂しくなった様子 を表す際に使用されます。

例文

  • 人気だったお店が閉店して、商店街は火が消えたようだ。
  • 彼が亡くなってから、家は火が消えたよう。
  • 景気低迷の影響で、街は火が消えたように活気がない。

類義語

  • 活気がない
  • 静まり返る
  • 寂しい
  • 蕭条とする
  • 人影もまばら

参考URL:
火の消えたよう(ひのきえたよう)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書