風光明媚

【漢字】風光明媚
【読み】ふうこうめいび
【意味】明媚とは美しい景色。合わせて、美しい自然の眺めや景色をいう。
【例文1】ここの島は風光明媚で観光客が賑わっている。
【例文2】風光明媚の景色を全国にアピールする。
【例文3】風光明媚の旅に癒される。

風光明媚をテーマにした記事

「風光明媚」な場所とは

日本三景をご存知ですか?松島、天の橋立、厳島の三か所を指しますが、そこのように山水の景色が美しく人の心を引くことを「風光明媚」と言います。最近では不動産屋の広告に見かける言葉ですが、心惹かれる景色かどうかはご自身の目で確かめるのが一番です。松島も天の橋立も昔から風光明媚として知られていました。小倉百人一首に「ちぎりきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波こさじとは」という清原元輔の歌と「大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天の橋立」という小式部内侍の歌が載っています。末の松山の歌は「約束しましたよね、互いに別れの涙で濡れた袖を絞りながら、末の松山を波が越すことのないように、私たちの愛も永遠に変わらないと」という意味の恋歌です。これは東日本大震災の後、津波が松山を越さなかったことから、小倉百人一首が編纂される以前にも同規模の地震による大津波があり、昔の人はその時の様子を語り継ぎ、京都にいたであろう清原元輔が詠んだのではないかと、俄かに注目されました。今度は私たちが継承しなくてはなりませんね。天の橋立の歌は紫式部の娘であった彼女が、からかわれた時に「大江山、生野の道は遠いのでまだ天の橋立も、歌がかかれた母の手紙もみていませんよ」と抗議をした歌です。この二つの名所は日本の海流と地質が長い年月かけて作り上げた景色です。厳島はもともと景色の良い場所に極楽浄土を見た平清盛が神社を建立したことで、仕上がった景色です。成り立ちは違えど日本三景として日本人が守っていきたい「風光明媚」な場所であることに間違いありません。

」で始まる言葉一覧

1862.不退転 1885.仏頂1435.不眠不休 1461.冬来たりなば春遠からじ 1485.振り出しに戻る 1509.故きを温ねて新しきを知る 1596.粉骨砕身 1680.文明開化 1554.付和雷同 1409.不偏不党 1575.刎頸の交わり 1638.文は人なり 1659.文武両道 1617.踏んだり蹴ったり 1532.不老不死 1355.舟に刻みて剣を求む 1297.懐を痛める 1207.不撓不屈 1237.不得要領 1267.懐が寒い 1382.船をこぐ 1327.腑に落ちない 1102.深い川は静かに流れる 1114.筆が立つ 1146.筆を入れる 1177.筆をおく 915.不即不離 1016.蓋を開ける 983.豚に真珠 1049.物議を醸す 949.二つ返事 1082.降って湧いたよう 807.武士は食わねど高楊枝 695.吹けば飛ぶよう 734.不言実行 656.袋の鼠 618.河豚は食いたし命は惜しし 771.不幸中の幸い 880.不承不承 844.不惜身命 456.不帰の客となる 203.夫婦喧嘩は犬も食わない 247.風林火山 579.不倶戴天 290.武運長久 539.覆水盆に返らず 333.笛吹けど(も)踊らず 498.複雑怪奇 416.不可抗力 159.風前の灯 71.風光明媚 27.風雲急を告げる 115.風樹の嘆 373.不覚を取る