「糠喜び」とは、あてがはずれて、あとでがっかりするような一時的な喜びを表す慣用句

「糠喜び」とは、あてがはずれて、あとでがっかりするような一時的な喜びを表す慣用句です。

由来

「糠」は、米を精白する時に出る粉のことです。糠は見た目は米に似ていますが、栄養価はほとんどありません。そのため、糠喜びは、見た目は喜びそうに見えても、実際には何の得もない喜び に例えられています。

例文

  • 試験に合格したと思って喜んだが、実は不合格だった。まさに糠喜びだった。
  • 宝くじに当たったと夢を見たが、起きてみたら夢だった。糠喜びもいいところだ。

類義語

  • 空喜び
  • 水泡に帰す
  • 夢現
  • 蜃気楼
  • 徒労に終わる

参考URL:
糠喜び(ヌカヨロコビ)とは? 意味や使い方 - コトバンク