みこしを据える

【漢字】みこしを据える
【読み】みこしをすえる
【意味】座り込んで動かない様子。
【例文1】いつまでもみこしを据えないで、作業に取り掛かろう。
【例文2】ファミレスでお喋りに夢中でみこしを据える。
【例文3】みこしを据えて話し込む。

みこしを据えるをテーマにした記事

みこしを据える社会人たち

デスクワークが多い現代の社会人は、みこしを据えることを強いられているのではないでしょうか。
みこしを据えるとは、ゆったりと座り込んで動こうとしないという意味です。ゆったりとして仕事をしているかどうかは、職種や繁忙期かどうかにもよると思いますが、座り込んで仕事をしている人は昔よりも増えたと感じます。なぜならばIT化が進み、インターネットや携帯電話といった通信手段が発達したからです。もしも取引先が遠方であっても、メールや電話で済ませられますね。
つまり現代では、みこしを据えて仕事せざるを得ない人が増えていると言えます。更にいえばインターネットが発展したために、座らざるを得ない職種も現れたと考えられます。
たとえばシステムエンジニアをしている大半の方は、座りっぱなしではないでしょうか。もちろん顧客のところに行って、打ち合わせを行うこともあると思います。しかし夜遅くまでパソコンに向かって座りながら仕事をしているようなシステムエンジニアの方も居ると考えられます。
これは在宅ワークでも同じことが言えるのではないでしょうか。在宅ワークというと、主にイラストレーターやライターといった職業の方が居ると思いますが、これらの仕事もやはり座りながらやる仕事です。立ちながら絵を描いているという人の話は耳にしたことがありません。
もちろん、レストランのウェイターや警備員といった立ち仕事もまだまだ存在すると思いますが、このように現代社会は、みこしを据えなければ仕事ができないような状況になっていると言えます。今後はもっと『みこしを据えざるを得ない仕事』が多くなるのではないでしょうか。
ただしその際、社会全体が『ゆったりと』仕事ができるようになっていると良いですね。

「みこしを据える」って良い意味?悪い意味?

「みこしを据える」とはどっかりと座り込んで動かないようすやゆったりと構えて動こうとしないようすを指した言葉です。「みこし」には「み」を「御」と書く「御輿」と「神」と書く「神輿」の二つがあります。「輿」とはもともと天皇の乗り物のことを指していたので天皇を敬って「御」の字を用いた「御輿」と、祭礼に使われる「輿」とは神の御霊代の乗る「輿」なので「御」の代わりに「神」を用いて「神輿」と乗る相手による違いが「御」と「神」の違いです。「輿」と「腰」をかけて「みこしを据える」「みこしを上げる」などと使われるようになりました。普段の生活の中では「みこしを据える」と使うより略して「腰を据える」と使われることの方が多いでしょう。何事かを成し遂げようと強く決心をして物事を始めるときの「腰を据えてかかる」は良い意味での使われ方ですが「みこしを据える」は長時間居座られて迷惑な場面で使われることの方が多いようです。お酒好きな人がお店に来て飲んでいてなかなか帰ってくれず閉店できなくて迷惑だ、訪ねてきた友人や知人が話し好きで話しだしたら止まらず長居されて迷惑だなどが悪い意味で使われる「みこしを据える」の代表的な例です。

みこしを据えてお話しすること

みこしを据えるとはゆったりとして動じないことをいいます。腰が据わっているね!なんて堂々としている人のことを言ったりもします。肝っ玉母さん的でいいですよね。
みこしを据えて話し込んでいるのは、女性には多いですよね。おしゃべりが始まると延々と続いておしりに根が生えたようにそこから動かなくなります。
私はこの女性の長話がちょっと苦手です。だから子どもが幼稚園に通うようになった時にバス通園はやめて自分で送り迎えをしました。バス通園になると子どもがバスに乗って幼稚園に行ったあともママ友同士でその場所で結構長くお話ししていますよね。そんな中「じゃあ私は先に家に戻るね!」とは言いづらいです。かといってあまり興味のないお話しにずっと参加するのもストレスがたまりそうです。どっちにしろ大変そうなので自分で子どもを自転車で幼稚園に送ってサッと返ってくる方法を選びました。すごく楽でしたね。そう思ってしまう自分は協調性がなくて人と合わせられない人間なのかなと落ち込んでしまうこともあります。なのでたまに時間に余裕があるときにはママ友とも長話に腰を据えて付き合っています。
でも本当に子どもの悩みとか相談したいことがあるときはきちっとみこし据えてお話ししたいと思っています。

」で始まる言葉一覧

2542.水の流れと身の行方 2425.見様見真似 2407.見切り発車 2401.身を寄せる 2419.未曾有 2413.水掛け論 2319.身を切られるよう 2311.身を固める 2262.見るに堪えない 2395.身をもって 2287.身を誤る 2208.脈がある 2359.身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ 2303.身を起こす 2351.身を粉にする 2334.身を削る 2226.未来永劫 2244.見ると聞くとは大違い 2374.身を挺する 2253.見るに忍びない 2367.身を立てる 2388.実を結ぶ 2381.身を投じる 2343.身を焦がす 2217.冥利に尽きる 2279.見る目がある 2235.見る影もない 2271.見るに見かねる 2295.身を入れる 2327.身を砕く 2096.耳を貸す 2012.耳にする 2049.耳に入る 2025.耳にたこができる 2145.耳をそばだてる 2109.耳を傾ける 2168.耳を塞ぐ 2121.耳をくすぐる 2190.身も蓋もない 2133.耳を澄ます 2073.耳寄りな 2037.耳に付く 2085.耳を疑う 2157.耳を揃える 2179.見向きもしない 1999.耳に障る 1863.実るほど頭の下がる稲穂かな 1970.耳慣れない 1825.身の振り方 1841.身の程知らず 1808.身の毛がよだつ 1924.耳が痛い 1955.耳が早い 1940.耳が肥える 1886.身二つになる 1906.耳打ちする 1985.耳に入れる 1772.身になる 1754.身につまされる 1790.身の置き所がない 1736.身に付ける 1718.身に付く 1411.味噌を付ける 1437.道が開ける 1463.道草を食う 1487.道を付ける 1682.身に覚えがない 1700.身に染みる 1598.三つ子の魂百まで 1556.三日坊主 1511.三日天下 1577.三日見ぬ間の桜 1640.緑の黒髪 1619.三つ指をつく 1661.身に余る 1534.三日にあげず 1357.身銭を切る 1300.水を差す 1210.水をあける 1240.水を打ったよう 1270.水を得た魚のよう 1384.店を畳む 1329.水を向ける 1117.水の滴るよう 1149.水は方円の器に従う 1180.水も漏らさぬ 918.水際立つ 1019.水と油 1052.水に流す 1085.水の泡 952.水臭い 811.水が合わない 699.見ざる聞かざる言わざる 738.微塵もない 622.みこしを担ぐ 660.みこしを据える 775.水入らず 883.水清ければ魚すまず 847.水が入る 460.右の耳から左の耳 207.身が入る 583.みこしを上げる 294.身から出た錆 543.見切りを付ける 251.身が持たない 337.右から左 502.右にならえ 377.右と言えば左 420.右に出る者がいない 163.磨きを掛ける 75.見得を切る 119.見栄を張る 31.ミイラ取りがミイラになる