右に出る者がいない

【漢字】右に出る者がいない
【読み】みぎにでるものがいない
【意味】その人より優れている者がいない。
【例文1】彼女は校内でも秀才で容姿端麗で、右に出る者がいない。
【例文2】右に出る者がいないと言われるように頑張る。
【例文3】背の高さでは彼の右に出る者がいない。

右に出る者がいないをテーマにした記事

右に出る者がいないくらいの能力を身に付けたいですよね

右に出る者がいない、という言葉を使われたい人物になりたいと思ったことはありませんか。
この言葉の意味は、相手と比較して能力や成績が上であるさまを言います。
右というのは、よく学校でも使われていると思います。
例えば、卒業証書には「右のものは小学校の全過程を修了したことを証する」とよく書かれていますよね。
右という言葉は、中国(漢朝)の文化を取り入れたもののようで、「右」に優位性を持たせたということのようです。
国語の教科書も右開きで、右から左への文書が書かれていますが、右が最初ということもあります。
従いまして右の出る者がいないということは最初に出るものがいない、つまり1番能力、成績が秀でていること意味しています。
社会においても様々な能力の持ち主がいらっしゃいます。
最近では、卓球やサッカー、将棋の世界において中学生が活躍する場面が多く見られます。
大変頼もしいことではありますし、将来の日本を支えてくれる優秀な人材が出てきていることは確かです。
一方で、中学生がコンピューターウイルスを作成し、逮捕されたというニュースもあります。
「いたずらに関しては右に出る者がいない」という言葉など、犯罪等の悪事に対しては使われないようにしたいものですね。

右に出る者がいない祖母の特技とは

私の祖母には特技がある。元々チャキチャキした性格で、いろいろな事のできる人なのだが、草抜きの速さが尋常じゃないのである。まさに草抜きに関しては右に出る者がいないという感じだ。小さい鎌を片手に凄いスピードで、あっと言う間に荷車いっぱいに雑草を抜いてしまう。そんな祖母も、子どもの頃は7人兄弟の紅一点で、甘やかされて育った。10代で農家に嫁に来て、厳しいお姑さんにいびられ、泣く泣く今までやったことのない農業をやらされているうちに今ではたくましい畑のマスターである。田舎の農家である為、かなり広い畑を持っているが、草抜きは基本と言い、80代になる今も雨雪の日以外は毎日畑の雑草を抜いている。おかげで畑はいつも綺麗で野菜も花も元気いっぱいだ。祖母は、自宅の畑だけに留まらず、近くの大学などに請け負って草抜きのアルバイトまでするプロになってしまった。この歳で仕事をもらえるのは、作業の速さと正確さだと誇らしげだ。毎日体を動かしているので健康にも良く、病院知らずである。草抜きなど小さいこともコツコツと続ければ、役に立つスキルとなるのだなと感じた。と、同時に次の世代の私がこの広い畑の面倒をみないといけないプレッシャーはあるのだが。ほんとうに、祖母にはいつまでも元気でいてほしいものである。

」で始まる言葉一覧

2542.水の流れと身の行方 2425.見様見真似 2407.見切り発車 2401.身を寄せる 2419.未曾有 2413.水掛け論 2319.身を切られるよう 2311.身を固める 2262.見るに堪えない 2395.身をもって 2287.身を誤る 2208.脈がある 2359.身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ 2303.身を起こす 2351.身を粉にする 2334.身を削る 2226.未来永劫 2244.見ると聞くとは大違い 2374.身を挺する 2253.見るに忍びない 2367.身を立てる 2388.実を結ぶ 2381.身を投じる 2343.身を焦がす 2217.冥利に尽きる 2279.見る目がある 2235.見る影もない 2271.見るに見かねる 2295.身を入れる 2327.身を砕く 2096.耳を貸す 2012.耳にする 2049.耳に入る 2025.耳にたこができる 2145.耳をそばだてる 2109.耳を傾ける 2168.耳を塞ぐ 2121.耳をくすぐる 2190.身も蓋もない 2133.耳を澄ます 2073.耳寄りな 2037.耳に付く 2085.耳を疑う 2157.耳を揃える 2179.見向きもしない 1999.耳に障る 1863.実るほど頭の下がる稲穂かな 1970.耳慣れない 1825.身の振り方 1841.身の程知らず 1808.身の毛がよだつ 1924.耳が痛い 1955.耳が早い 1940.耳が肥える 1886.身二つになる 1906.耳打ちする 1985.耳に入れる 1772.身になる 1754.身につまされる 1790.身の置き所がない 1736.身に付ける 1718.身に付く 1411.味噌を付ける 1437.道が開ける 1463.道草を食う 1487.道を付ける 1682.身に覚えがない 1700.身に染みる 1598.三つ子の魂百まで 1556.三日坊主 1511.三日天下 1577.三日見ぬ間の桜 1640.緑の黒髪 1619.三つ指をつく 1661.身に余る 1534.三日にあげず 1357.身銭を切る 1300.水を差す 1210.水をあける 1240.水を打ったよう 1270.水を得た魚のよう 1384.店を畳む 1329.水を向ける 1117.水の滴るよう 1149.水は方円の器に従う 1180.水も漏らさぬ 918.水際立つ 1019.水と油 1052.水に流す 1085.水の泡 952.水臭い 811.水が合わない 699.見ざる聞かざる言わざる 738.微塵もない 622.みこしを担ぐ 660.みこしを据える 775.水入らず 883.水清ければ魚すまず 847.水が入る 460.右の耳から左の耳 207.身が入る 583.みこしを上げる 294.身から出た錆 543.見切りを付ける 251.身が持たない 337.右から左 502.右にならえ 377.右と言えば左 420.右に出る者がいない 163.磨きを掛ける 75.見得を切る 119.見栄を張る 31.ミイラ取りがミイラになる