先んずれば人を制す

【漢字】先んずれば人を制す
【読み】さきんずればひとをせいす
【意味】人より先に行動すれば、相手より有利に進むこと。
【例文1】先んずれば人を制すで、先に1点取って流れに乗ろう。
【例文2】作戦を立てて先んずれば人を制す。
【例文3】1年前から計画を立てて先んずれば人を制す。

先んずれば人を制すをテーマにした記事

先んずれば人を制すの話

先んずれば人を制す。口にしてみると語呂合いだけでもかっこいいですよね。このかっこいい言葉について、少しお話ししたいと思います。
先んずれば人を制すの出典を知っているでしょうか。「史記」の項羽本紀というお話の中に、吾聞く、先んずれば即ち人を制し、遅れれば即ち人のせいする所と為る、という一節があります。ここから来ている言葉なんですね。
意味は言葉のとおりです。先にことを行えば有利だし、反対に後からスタートを切るとその分不利だということです。
ちょっと考えてみるだけで確かにこの言葉の意味がまさしくその通りだということがわかります。先手は万手とも言いますし、先に動いた方が後発組よりもアドバンテージが取れるのは明白ですよね。
何か勝負事に挑もうと自分を奮い立たせるときに、この言葉を思い出すのも悪くないと思います。率先した行動が大事な時って確かにありますからね、ケースバイケースですが。
最近よく話題にのぼる政治の話なんかを聞いていても、ああいう外交の駆け引きやら国の情勢やらに注力する人たちはまさに周りよりも2手3手先を読むのが重要ですから、先んずれば人を制すの精神で働いているんだろうなと思います。頭のいい人にとって必要条件なのかも知れませんね。

」で始まる言葉一覧

1898.猿真似 1876.猿知恵 1852.猿芝居 1546.賛否両論 1523.三拍子揃う 1500.三拝九拝 1476.残念無念 1451.三年飛ばず鳴かず 1425.三人寄れば文殊の知恵 1399.三度目の正直 1372.山椒は小粒でもぴりりと辛い 1226.三顧の礼 1316.三尺下がって師の影を踏まず 1256.三三五五 1286.山紫水明 1345.三十六計逃げるに如かず 1134.去る者は日々に疎し 1166.触らぬ神に祟りなし 1196.三寒四温 1069.猿も木から落ちる 1036.座右の銘 1003.鯖を読む 970.里心が付く 901.五月の鯉の吹き流し 936.察しが付く 830.さじを投げる 794.砂上の楼閣 757.座して食らえば山も空し 679.酒は百薬の長 718.雑魚の魚交じり 602.先んずれば人を制す 866.左遷 641.策士策に溺れる 853.去る者は追わず、来る者は拒まず 889.才子多病 230.再三再四 316.才色兼備 481.先を争う 273.才子才に倒れる 563.先を越す 441.賽は投げられた 358.細大漏らさず 522.鷺を烏と言いくるめる 399.采配を振る 186.幸先がいい 54.細工は流々仕上げを御覧じろ 142.最期を遂げる 98.歳月人を待たず