「目が潤む」とは、涙が少しだけ浮かんで、目がうるうるするという意味

「目が潤む」とは、涙が少しだけ浮かんで、目がうるうるするという意味です。

意味

  • 涙が溢れるほどではないが、感動や悲しみなどの感情で目が潤む。
  • 目に涙が光る。
  • 目がウルウルする。

類義語

  • 涙ぐむ
  • 目頭が熱くなる
  • 目に涙が浮かぶ
  • うるうるする
  • 涙がこぼれそうになる

例文

  • 感動的な映画を見て、目が潤んだ。
  • 子供の成長を見守って、目が潤んだ。
  • 彼は悲しそうな顔で、目が潤んでいた。

使い方

「目が潤む」は、感動や悲しみなどの強い感情を表す時に使われます。

例文

  • 彼女の結婚式には、多くの人が感動して目が潤んでいた。
  • 彼が亡くなったというニュースを聞いて、目が潤んだ。
  • 彼は辛い過去を思い出して、目が潤んだ。

注意点

「目が潤む」は、ポジティブな感情とネガティブな感情の両方で使われます。

例文

  • 感動的な話を聞いて、目が潤んだ。
  • 彼は悔しさで目が潤んだ。
  • 彼女は恐怖で目が潤んだ。

英語表現

  • get choked up
  • have tears in one's eyes
  • be on the verge of tears
  • have a lump in one's throat
  • be moved to tears

その他

「目が潤む」は、日常会話でよく使われる表現です。

意味や使い方を理解しておくと、コミュニケーションがよりスムーズになります。

参考URL:
なみだ目(流涙目)|かめざわ眼科|横浜市・上大岡・弘明寺・港南区