枯れ木に花

【漢字】枯れ木に花
【読み】かれきにはな
【意味】一旦衰えたものが再び栄える。
【例文1】マンション建設で地元の商店街が枯れ木に花だ。
【例文2】保育園建設で高齢地域が枯れ木に花だ。

枯れ木に花をテーマにした記事

枯れ木に花を咲かせましょう

子どもの頃に聞いた昔話で、「花咲か爺さん」があります。
お爺さんが灰を枯れ木に撒くと、そこにキレイな桜の花が咲いたというところだけは良く覚えています。

現実では枯れた木に再び花を咲かせるのは難しいことだと思います。
しかし、大人になって改めて考えてみると、もしかしたら表面上は枯れているように見えても、実際は完全には死んではいなかったのだと思います。

そう考えると、どんなことでも可能性は残っていて、予想もしない復活を遂げるかもしれません。
可能性は0か100ではなく、諦めずに続けることで、100に近付けるのかもしれません。

起死回生という言葉がありますが、復活する前の状態は意外と瀕死に近い状態なのかもしれません。
しかし、それはこれから大きく復活して成長していくために助走期間なのかもしれません。

大きく前進するためには、その分大きく後退して助走をつける必要があります。
今の状態が仮に良くなかったとしても、それだけで判断しないように気をつけたいものです。

復活して大きく羽ばたく前の準備期間だと思えば、例え枯れ木のように見えても、再び活躍することを期待することができると思います。

花咲か爺さんは善良な人で良い行いもたくさんやってきました。
やはり日頃の行いが、いざという時に奇跡のような幸運をもたらしてくれるのだと思います。

枯れ木に花と言うように、再燃した将棋熱

私は小学生の時将棋が好きでした。しかし中学に入り部活が忙しくなると自然と将棋盤に向かうことはなくなりました。
ところが最近、加藤一二三九段や藤井聡太四段が頻繁にニュースになり、また将棋をしてみようかなという気持ちになって枯れ木に花のように将棋に再びハマりました。
最初は駒の動かし方も怪しかったのですが、今はインターネット対局やツイッターの無料に詰将棋もあるのですぐにカンを取り戻しました。
日曜の午前中はテレビ対局を観戦し次の手を予想したりしながら、ゆったりとした時間を過ごしています。羽生善治棋聖佐藤天彦名人など、スター棋士がどんどん出てくるので面白いです。
父親と対局するのも楽しく、その様子を見た母も将棋を始めました。今では冷蔵庫にマグネットの将棋盤を貼って、料理の合間に対局を楽しんでいます。
今は家で楽しんでいるだけですが、将来的には将棋のイベント会場に出向いてプロの指導対局を受けたり、将棋教室に通ったりしてみたいです。幸い同県にアマチュアの強豪の方がいるので楽しみです。
将棋をしていることで、集中力がつき毎日コツコツ努力することの達成感もあります。年を取ってもできるゲームなので、生涯の趣味としたいと思います。

枯れ木に花

言葉の通り一度枯れた木が再び生を取り戻し、花を咲かすまでに回復する様を「枯れ木に花」と言います。「あり得ない事が起きる」や「現実出ない事が起こる」など意味は様々です。この言葉で日本人なら誰でも思い出すのは、やはり「花咲か爺さん」という昔話でしょう。正直じいさんが飼っていたポチという犬が示す場所を掘るとお金が出て来て、欲張り爺さんがポチの示す場所を掘るとガラクタしか出て来ない。怒った欲張り爺さんはポチを燃やすという暴挙に出ますが、ポチの死を憂いた正直じいさんが枯れ木に遺灰を撒くとパッと花が咲き乱れ、欲張り爺さんだと何も起こらず殿様の怒りを買って罰せられるお伽話です。枯れ木に遺灰を撒く掛け声がまさに「枯れ木に花を咲かせましょう」でしたから、あまりにも聞き慣れたフレーズというしかありません。総じて先に述べた意味としてこの言葉が切り取られ、用語になっているのは不思議な気分です。復活を意味する言葉として使われているのは納得が行きますし、不当にポチの命を奪われた正直じいさんの悲哀を察したポチが、灰となっても生命の偉大さを「枯れ木に花」を咲かす事で体現する美談であると思うのです。只、何故ポチは正直じいさんだけでなく、欲張り爺さんにもそれなりの利を与えようとしなかったのでしょう。仕返しも程々にしておけば、ポチも命を落とさずに済んだ筈ですから。

」で始まる言葉一覧

2508.完膚なきまでに  2504.看板に偽りなし  2519.間一髪  2516.閑話休題  2512.完璧  2428.眼光紙背に徹す  2422.感慨無量  2448.顔色なし  2468.邯鄲の夢  2488.癇に障る  2443.冠婚葬祭  2463.肝胆相照らす  2484.艱難汝を玉にす  2410.かわいさ余って憎さ百倍  2404.かわいい子には旅をさせよ  2480.艱難辛苦  2476.噛んで含める  2472.眼中にない  2416.我を張る  2438.閑古鳥が鳴く  2433.換骨奪胎  2458.完全無欠  2500.看板倒れ  2453.勧善懲悪  2496.間髪を入れず  2492.堪忍袋の緒が切れる  2315.亀の甲より年の功(劫)  2266.兜を脱ぐ  2398.彼を知り己を知れば百戦あやうからず  2392.枯れ木の山の賑わい  2283.壁に耳あり障子に目あり  2203.金に目がくらむ  2307.神も仏もない  2355.烏の行水  2340.可もなく不可もなし  2338.蚊帳の外  2248.株が上がる  2378.画竜点睛を欠く  2371.借りてきた猫  2257.禍福は糾える縄の如し  2385.枯れ木に花  2363.体を張る  2347.痒い所に手が届く  2212.金の切れ目が縁の切れ目  2239.金持ち喧嘩せず  2275.株を守りて兎を待つ  2299.鎌を掛ける  2291.果報は寝て待て  2323.鴨が葱を背負ってくる  2029.買って出る  2041.河童の川流れ  2149.鼎の軽重を問う  2101.瓜田に履を納れず  2125.角が取れる  2184.金が物を言う  2161.蟹の横ばい  2194.金に糸目を付けない  2137.門松は冥土の旅の一里塚  2002.勝手が違う  2077.我田引水  2053.活を入れる  2089.合点がいかない  2172.蟹は甲羅に似せて穴を掘る  2113.角が立つ  2015.勝って兜の緒を締めよ  1975.花鳥風月  1945.肩を持つ  1847.肩を怒らす  1914.方(片)を付ける  1894.肩を落とす  1930.肩を並べる  1960.火中の栗を拾う  1872.肩を入れる  1990.合従連衡  1815.肩身が狭い  1831.語るに落ちる  1744.肩の荷が下りる  1798.片棒を担ぐ  1780.肩肘張る  1726.型にはまる  1708.刀折れ矢尽きる  1762.片腹痛い  1447.佳人薄命  1585.風邪は万病の因  1606.風を切る  1542.風の便り  1627.方(片)が付く  1690.肩で息をする  1564.風の吹き回し  1648.肩透かしを食う  1496.風が吹けば桶屋が儲かる  1519.稼ぎに追いつく貧乏なし  1472.苛政は虎よりも猛し  1669.固唾を呑む  1421.臥薪嘗胆  1367.火事あとの釘拾い  1395.舵を取る  1222.影を潜める  1312.風上にも置けない  1252.籠の鳥  1282.風穴を開ける  1368.笠に着る  1341.嵩に懸かる  1130.影が薄い  1162.陰になり日向になり  1192.影も形もない  1098.学問に王道なし  999.書き入れ時  1065.隔世の感  1032.蝸牛角上の争い  966.我が強い  932.顔をつなぐ  720.駆け馬に鞭  825.顔を貸す  752.顔向けできない  674.顔から火が出る  713.顔に泥を塗る  636.顔が広い  897.顔を出す  862.顔を曇らせる  789.顔を売る  225.快刀乱麻を断つ  268.隗より始めよ  597.顔がつぶれる  311.蛙の子は蛙  558.顔が立つ  436.顔が売れる  476.顔が利く  517.顔が揃う  353.蛙の面に水  394.顔色をうかがう  181.灰燼に帰す  137.外柔内剛  6.飼い犬に手を噛まれる  49.開口一番  2230.金は天下の回りもの