一矢報いる

【漢字】一矢報いる
【読み】いっしむくいる
【意味】圧倒的な攻撃に対してわずかばかり反撃する。
【例文1】10-0で迎えた9回裏で一矢報いて1点返す。
【例文2】後半戦に一矢報いる。

一矢報いるをテーマにした記事

夏の甲子園で一矢報いる奇跡の試合

夏の甲子園を見ていると大量得点で負けているチームがありますが、点をわずかでも返すと一矢を報いることが出来たなと思います。高校野球は勝たなければ次の試合に出れないわけですから、負けていると監督は一矢を報いる思いで、選手を次々交代させることがあります。逆点に結びつかないまでも1点でもいれれば一矢を報いることになるので、がんばっている姿を見ていると励まされます。ところが一矢を報いる試合で9点差で跳ね返した試合があります。2017年7月24日の東東京大会の試合のときです。修徳東亜学園の試合でした。3回までは1対1の同点でしたが、5回に1点差、6回に大量得点を入れて1対7の試合で、裏の攻撃の修徳が6点リードしていました。9回の表の2アウトになっても7対1でした。ここで一矢を報いることができればいいなと思っていたら、ピッチャーの調子が悪くなり、次々ヒットを打ってきました。気づけばその回だけで9点入れて10対7となってしまいました。その裏の修徳は0点だったのでそのまま試合が終わってしまいました。9回で2アウトから9点入れて逆転する試合というのは恐らくないのではないかと思います。まさに一矢を報いる試合を見た気分でした。実際にあった試合なので検索すれば9回の表9点入れてるスコア見れます。奇跡の試合でした。

一矢報いるとすかっとします

高校野球の甲子園大会などで、大量な点差が開いてしまう事があります。
このような大きな点差が開いた試合は、見ていて面白くない人の方が多いと思います。
ですがこのような試合でしか、見られない事があるのです。
それは負けているチームが、勝っているチームに一矢報いる所が見られる事です。
大量に点差が開いてしまうと、普通の選手だったら気持ちが萎えてしまい、もうどうなってもいいやと自棄になってしまうことが多いと思います。
ですが高校球児たちは、大量に点差が開いてしまったとしても、諦めない子たちが多いのです。
いくら勝っているチームの投手がどんなに優れていると言っても、失投の一つや二つは必ずします。
その失投を見逃さなければ、一矢報いるチャンスは生まれるのです。
私はこのチャンスを見る為に、大量に点差が開いた試合でも見続けるのです。
負けているチームの高校球児が一矢報いる事が出来た時は、本人のみならず、見ているこっちもすかっとします。
大差で負けていたとしても、誰かが一矢報いる事が出来れば、負けている選手たちの士気は高まります。
それによって、その後点を重ねる事も出来るのです。
たとえ負けてしまったとしても、一矢報いる事が出来れば、負けたチームの高校球児たちも、悔いはないはずです。

」で始まる言葉一覧

2538引導を渡す 2537慇懃無礼 2536因果を含める 2535因果応報 2534異を唱える 2533意を決する 2531言わぬが花 2529鰯の頭も信心から 2527色をなす 2525色を付ける 2523色を失う 2521嫌気が差す 2518否が応でも 2515いやが上にも 2511芋の煮えたもご存じない 2507芋の子を洗うよう 2503芋づる式 2499意味深長 2495今泣いた烏がもう笑う 2491威風堂々 2487意表を突く 2483茨の道 2479井の中の蛙大海を知らず 2475命の洗濯 2471命あっての物種 2467犬も食わない 2462犬も歩けば棒に当たる 2457犬の遠吠え 2447意に介さない 2442糸を引く 2437居ても立っても居られない 2432一服盛る 2427一敗地に塗れる 2421一杯食わされる 2415一得一失 2409一刀両断 2403一頭地を抜く 2397一長一短 2391一朝一夕 2384一知半解 2377一線を画す 2370一石を投じる 2362一石二鳥 2354一世を風靡する 2346一世一代 2337一寸の虫にも五分の魂 2330一寸の光陰軽んずべからず 2322一寸先は闇 2314一炊の夢 2306一心不乱 2298一心同体 2290一進一退 2282一矢報いる 2274一触即発 2265一笑に付す 2256一将功なりて万骨枯る 2247一生懸命 2238一瀉千里 2229一糸乱れず 2220一切合切(財) 2211一刻を争う 2202一国一城の主 2193一挙両得 2183一挙手一投足 2171一挙一動 2160一騎当千 2148一気呵成 2136一喜一憂 2124一巻の終わり 2112一家を成す 2099一攫千金 2088一を聞いて十を知る 2076一蓮托(託)生 2064一利一害 2052一翼を担う 2040一陽来復 2028一葉落ちて天下の秋を知る 2014一も二もなく 2001一目瞭然 1988一目置く 1973一網打尽 1958一望千里 1943一富士二鷹三茄子 1928一部始終 1912一病息災 1892一姫二太郎 1870一念発起 1845一年の計は元旦にあり 1829一難去ってまた一難 1812一日の長 1795一日千秋 1777一事が万事 1759一言半句 1741一期一会 1723一言居士 1705一から十まで 1687一か八か 1666一衣帯水 1645一意専心 1624至れり尽くせり 1603板挟みになる 1582板に付く 1561ごっこ 1539痛し痒し 1493痛くも痒くもない 1469痛い目にあう 1444急がば回れ 1418いずれ菖蒲か杜若 1392以心伝心 1365意地を張る 1338衣食足りて礼節を知る 1309医者の不養生 1279石橋を叩いて渡る 1249石の上にも三年 1219石に漱ぎ流れに枕す 1189石にかじりついても 1159石が流れて木の葉が沈む 1127いざ鎌倉 1095異口同音 1062息を吹き返す 1029息を引き取る 996息を弾ませる 963息を呑む 929息を抜く 894息をつく 859威儀を正す 822息を殺す 786息を凝らす 749意気揚々 710息の根を止める 671意気投合 633意気消沈 594意気軒高 554息が長い 513息が詰まる 472息が絶える 432行きがけの駄賃 390息が切れる 350息がかかる 307息が合う 301色の白いは七難隠す 264生き馬の目を抜く 221行き当たりばったり 177怒り心頭に発する 133いかもの食い 89言うは易く行うは難し 45言うに事欠いて 2唯々諾々