「目をつぶる」は、まぶたを閉じて視界を遮断することを意味する動詞

「目をつぶる」は、まぶたを閉じて視界を遮断することを意味する動詞です。瞬き、目を休める、眠る、瞑想するなど、様々な状況で使われます。

ポイント

  • 動作: 上まぶたと下まぶたを閉じて、視界を遮断する動作です。
  • 理由: 以下の様々な理由で行われます。
    • 光を遮断する: まぶしい光を避けたり、暗闇に慣れるために目を閉じます。
    • 目を休める: 長時間目を酷使した後に、目を閉じて休息をとります。
    • 眠る: 睡眠をとるために目を閉じます。
    • 瞑想する: 精神を集中するために目を閉じます。
    • 感情を表す: 悲しみ、照れ、考え事をする時などに目を閉じることがあります。
  • 表現: 以下のような表現で「目をつぶる」を言い換えることができます。
    • まぶたを閉じる
    • 視界を遮断する
    • 目を瞑る
    • 目を伏せる
    • 目尻を下げる

例文

  • 強い日差しを避けるために、目をつぶった。
  • 疲れを感じたので、目を閉じてしばらく目をつぶった。
  • 眠りにつく前に、目をつぶった。
  • 瞑想しながら、心を落ち着かせた。
  • 悲しみに暮れて、目をつぶった。

類義語

  • まぶたを閉じる
  • 視界を遮断する
  • 目を瞑る
  • 目を伏せる
  • 目尻を下げる

「目をつぶる」は、日常会話で頻繁に使われる基本的な動詞です。様々な状況で適切な表現として使うことができるので、ぜひ覚えておきたいですね。

その他

  • 「目をつぶる」の対義語としては、「目を開ける」という言葉があります。こちらは、「まぶたを開けて視界を確保する」という意味です。
  • 英語では、"close one's eyes" や "shut one's eyes" などの表現が「目をつぶる」に相当します。

まとめ

「目をつぶる」は、まぶたを閉じて視界を遮断することを意味する動詞です。様々な状況で適切な表現として使うことができるので、日本語学習者にとっても覚えやすい表現です。ぜひ日常生活の中で積極的に使ってみてください。

参考URL:
「目をつむる」と「つぶる」はどちらが正解? 適切な使い方を例文で紹介 | Oggi.jp