胡麻を擂る

【漢字】胡麻を擂る
【読み】ごまをする
【意味】気に入られるように媚びる。
【例文1】パパに胡麻を擂る。
【例文2】先生に胡麻を擂る。
【例文3】監督に胡麻を擂る。

胡麻を擂るをテーマにした記事

辞めた同級生の本性…露骨に胡麻を擂る!

私は私立高校に通っていたのですが、そこの美術系の学科にある女の子がいました。その子は現役で入学してきた人よりも一つ年が上で、詳しい事情はよく知らなかったのですが、中学にきちんと通っていなかったために高校への入学が遅れてしまったということでした。でも、その子は先輩ぶったりすることもなく、普通に周りの子と仲良くしていました。
しかし、その子はふだん嫌いな子に対する態度が悪すぎるだけでなく、憧れの先輩たちに対しての胡麻を擂る態度が露骨で、おまけに自分だけが悲劇のヒロインぶっているような話が多いので、だんだんそばにいるとうんざりしてくるようになりました。私も裏で散々悪口を言われましたが、注意しても「チクったヤツが悪い」と開き直るありさまでした。
そんなある日、その子が突然、「お金が足りないので学校を辞めます。家族のために仕事をします」という宣言をしました。自分の家が家族が多くて大変なこととか、自分が目標にできるような先生がこの学校にいなかったとか、いろいろ理由を並べていましたが、どうでもいいなと思いました。優しい子が「辞めないでほしい」と言ってあげていましたが、その子の本性を知らないのでしょうかね。

胡麻を擂るとは

胡麻を擂る」とは、人に気に入られる為に他人にへつらって自分の利益を図ることを言います。由来はすり鉢を使用し煎った胡麻を擂ると粒が割れてすり鉢の溝にはまったり、あちこちにべったりくっつくことから相手のご機嫌をとり媚びている様子に似ていることから用いられた言葉です。片方の手のひらを上に開いてその上で反対の拳を回している動作が胡麻を擂っている動作に似ていることから、よく「あの人これだよな」と言いながらその動作をしている人をよく目にします。この言葉は表面だけ繕っている人に対して使い本当に尊敬する人には使いません。例文として「あの人は上司に胡麻を擂るのが上手だから出世するのが早い。」「彼は胡麻を擂るのが下手だから嘘ついているのが見え見えだ。」と言った使い方をします。
私の周りでも上司には胡麻を擂って部下には偉そうな態度ばかりとる人がいます。そのような胡麻の擂り方をする人は誰からも良いようには思われず、逆に嫌なイメージばかりがついてしまっています。上司もこの人は胡麻を擂っていると勘付いているので、それが理由で出世は遠のいています。人に良いように思われる為に胡麻を擂ることはいいことではありません。胡麻を擂らずに自分をアピールできるようにしたいものですね。

」で始まる言葉一覧

2100.五里霧中  2043.ごまめの歯軋り  2067.小耳に挟む  2103.転ばぬ先の杖  2127.コロンブスの卵  2163.言語道断  2186.権兵衛が種まきゃ烏がほじくる  2139.怖いもの見たさ  2004.子どもの喧嘩に親が出る  2079.孤立無援  2055.胡麻を擂る  2031.子は三界の首枷  2151.子を持って知る親の恩  2174.今昔の感  2115.転んでもただでは起きない  2017.子はかすがい  1992.言葉を濁す  1978.小手調べ  1963.腰を抜かす  1948.腰を据える  1917.腰を上げる  1897.故事来歴  1801.腰が低い  1875.五十歩百歩  1840.この親にしてこの子あり  1818.腰が弱い  1851.虎視眈々  1834.腰巾着  1747.腰が重い  1729.古今東西  1765.腰が強い  1783.腰が抜ける  1711.心を許す  1450.心に残る  1588.心を奪われる  1609.心を鬼にする  1545.心を痛める  1630.心を砕く  1522.心許ない  1567.心を打つ  1693.心を引かれる  1672.心を込める  1499.心にもない  1499.心にもない  1475.心に触れる  1424.心に刻む  1651.心を配る  1398.心に掛ける  1371.心に浮かぶ  1225.こけら落とし  1315.心が弾む  1255.心が重い  1285.心が通う  1344.志を立てる  1101.黒白をつける  1133.小首を傾げる  1165.孤軍奮闘  1195.虎穴に入らずんば虎子を得ず  1068.極悪非道  1035.故郷へ錦を飾る  1002.声を呑む  969.呉越同舟  935.業を煮やす  829.紺屋の明後日  793.公明正大  756.弘法筆を選ばず  678.公平無私  717.弘法にも筆の誤り  640.郷に入っては郷に従え  900.功を奏する  601.荒唐無稽  865.紺屋の白袴  229.後悔先に立たず  315.厚顔無恥  272.口角泡を飛ばす  440.好事魔多し  562.口頭試問  480.後生畏るべし  357.巧言令色  521.広大無辺  398.孝行のしたい時分に親はなし  185.甲乙付け難し  53.紅一点  141.行雲流水  10.鯉の滝登り  97.光陰矢のごとし