手を焼く

【漢字】手を焼く
【読み】てをやく
【意味】対処できず困っている様子。
【例文1】赤ちゃんが泣いてばかりで手を焼く。
【例文2】言う事聞かない生徒に手を焼く。
【例文3】クレーム処理に手を焼く。

手を焼くをテーマにした記事

手を焼くとは

頼みもしない仕事が舞い込んだり、予期せぬトラブルに巻き込まれそうになって余計な労力を消費する事を「手を焼く」と言います。「敵の思わぬ抵抗に手を焼く」や「クレーム処理に手を焼く」いう様に用い、何か面倒事を抱えて仕方なく処理する時がまるで手に火傷でもした様な苦痛に感じる所から、そういう言い回しになったと思われます。特に身内の不始末を尻拭いする時は、一層そんな風に感じられて憂鬱な気分になるというものです。実の所、すんなりと終わると思っていた仕事に思いもよらぬ面倒事が起きて、予想通りに事が運ばないと、ついそんな感情を持ってしまうだけなのかもしれません。あっさり勝てる相手と高を括っていたら、以外に手こずってしまい余分に力を使ったと感じるのも、実は自分がきちんと相手の実力を見極められていなかっただけの事で、最初から全力を出せばすんなりと行っていたかもしれないのです。余計な仕事にしても最初に起こる事を前提に構えておけば、どんな予期せぬ事も特に動じずに対処出来るというものです。何事も予定通り行ってくれればこれ程気持ちの良い事はありませんが、如何せん何かしらトラブルは付いて来ますので、そこを踏まえておけばそこに生じる面倒臭さも幾分減るかもしれません。

」で始まる言葉一覧

2269.天王山  2206.天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず  2224.天秤に掛ける  2242.天を衝く  2260.鉄面皮  2251.亭主関白  2215.天は自ら助くる者を助く  2233.天変地異  2093.天災は忘れた頃にやってくる  2046.天下太(泰)平  2022.天衣無縫  2070.天狗になる  2142.天真爛漫  2106.天井知らず  2130.天知る地知る我知る人知る  2166.天地神明  2188.天にも昇る心地  2197.天は二物を与えず  2007.手を焼く  2058.伝家の宝刀  2034.天涯孤独  2082.電光石火  2154.天高く馬肥ゆる秋  2177.天に唾する  2118.天上天下唯我独尊  1995.手を結ぶ  1966.手を広げる  1821.手を染める  1920.手を握る  1804.手を拱く  1951.手を引く  1936.手を抜く  1880.手を付ける  1856.手を尽くす  1901.手を取る  1837.手を出す  1981.手を回す  1750.手を下す  1768.手を組む  1786.手を加える  1732.手を切る  1714.手を借りる  1549.出る杭は打たれる  1591.手練手管  1527.出物腫れ物所嫌わず  1570.出る幕がない  1504.手も足も出ない  1696.手を貸す  1675.手を替え品を替え  1480.手前味噌  1404.手の平(掌)を返す  1456.出端(鼻)をくじく  1633.手を入れる  1430.手八丁口八丁  1654.手を打つ  1612.手を上げる  1291.手に手を取る  1377.手の内を見せる  1201.手に落ちる  1231.手に掛ける  1261.手に付かない  1350.手に乗る  1321.手に取るように  1107.手に汗を握る  1139.手に余る  1171.手に負えない  1075.手鍋提げても  1042.手取り足取り  942.徹頭徹尾  976.鉄は熱いうちに打て  908.手玉に取る  801.梃子でも動かない  687.敵は本能寺にあり  726.手ぐすねを引く  851.天下は回り持ち  610.適材適所  837.手塩に掛ける  649.敵に塩を送る  765.手心を加える  873.出たとこ勝負  366.手が届く  489.手が早い  324.手が出ない  571.手が回る  281.手が付けられない  238.手が足りない  449.手が離れる  530.手が塞がる  407.手が離せない  194.手が込む  150.手が掛かる  62.手が上がる  18.手足を伸ばす  106.手が空く