気は心

【漢字】気は心
【読み】きはこころ
【意味】少しばかりの真心。
【例文1】気は心をお隣さんにおすそ分けをしよう。
【例文2】気は心のお土産を渡す。
【例文3】気は心ばかりのお礼をする。

気は心をテーマにした記事

気は心を忘れないようにしたい

誰かから贈り物をもらった時に、その値段がいくらだったかを調べる人がいます。
贈りものの値段と気持ちの大きさは必ずしも一定ではないと思っています。

気は心で、贈る気持ちが大切なのだと思います。
そのため、贈られた金額や大きさ、量などとは関係ないと思います。

贈られたものの値段をチェックして、それでその人の人格などを判断するのは、とても卑しい人のような気がしてしまいます。

贈りものは高くて多ければ良いというものでもないと思います。
贈られたら逆に何かお返しをしなければなりません。

そのやり取りが面倒で、最近ではそういった贈り合うことを控えている人もいます。
私は人に何かを贈る時、相手の負担にならない程度のものにしています。

高価なものでは逆に気を使わせてしまいます。
そうでなければお返しを期待することもないですし、貰う方もお返ししなければという気持ちにはなりにくいと思います。

気持ちや心は見えないものなので、時には値段や物の価値、または大きさや量などでその人を判断してしまいがちです。
しかし、それが相手の大きな負担になってしまうこともあります。

何かを贈る時は必要以上に高価なものを贈って、かえって相手に気を使わせてしまうことがないようにしたいものです。

シンプルだけどかなり難解な「気は心」という言葉

中学生ぐらいの時に、母親が「気は心」という言葉を使ったのを聞いて、「なんだ、それ?」と思いました。
「気も心も同じことじゃないの? わざわざ『気=心』と言う意味が解らない。そんなこと言うまでもないことなんだから」と思ったからです。
母に「どういう意味?」と聞きましたが、私が納得できる答えが返ってこなかったことを覚えています。
その後も、母は何かにつけて「気は心」という言葉を使いましたが、私には理解不能。その言葉の意味は、調べてみてわかっています。「ほんの少量や少額ではあるけれど、そこにその人の真心を表れている」というのが、おおよその意味と考えていいでしょう。
たとえば、餞別を人に渡すとき、「ほんのわずかでお恥ずかしい。まあ、気は心というから受け取ってください」というように使われるわけですね。
でも、どうしてそれが「気は心」なのか、これはかなりの難問です。
私なりに考えたのは、「気」というのは、「そのわずかなものを人に贈るという気持ち、意志」であり、「心」は、「そうした行為に表れたその人の誠意や思いやり」である、という解釈です。
つまり、「気」は行動する意志であり、「心」はその行動の原動力になった心情というのが、私の解釈なのです。
「気は心」、大変にシンプルなのにも関わらず、正確に意味を解読するのはきわめて難しい言葉なのではないでしょうか。

気は心でわずかなお礼でも何もないより数段うれしいものです。

芸術の秋になりました。以前に公共ホールを管理している部署にいた関係で、音響や照明を少しかじったことがある私は、よくアマチュアのグループからイベントの音響などを頼まれることがあります。多くはそのホールを私が勤務していた当時に利用していた方々で、その当時からの付き合いですので、ほとんどボランティアのような形で仕事を引き受けるのですが、中にはイベント終了後に、お酒であったりビールであったり、謝礼として現金であったりをいただける場合もあります。基本的になじみの方々なので、そのような報酬を当てにして手伝っているわけではないので、何もない場合も多々ありますが、わずかばかりでもそういった心遣いをいただけると、また手伝おうかという気持になります。こちらとしては多少趣味と実益を兼ねているような部分もあり、あまり音響や照明に携わらないでいると、忘れてしまうような面もあるので時々はやっておこうくらいの気持ちでやっていますので、ボランティアでも全然大丈夫なのですが、やはりそういったものがあるとうれしいものです。気は心とも言いますし、謝礼などの量ではなく依頼する側に感謝の気持ちがあるのだという事は、頼まれる側としても意気に感じるものなのではないでしょうか。そういったケースに直面するたびに私自身も逆の立場になったらそうできる人になりたいといつも感じてしまいます。

」で始まる言葉一覧

2509.麒麟児  2505.琴線に触れる  2501.金言耳に逆らう  2513.金字塔  2429.軌を一にする  2423.切り口上  2449.気を配る  2469.気を回す  2489.気を許す  2444.気を利かせる  2464.気を吐く  2485.気を揉む  2481.気を持たせる  2493.金科玉条  2405.清水の舞台から飛び降りる  2477.木を見て森を見ず  2473.義を見てせざるは勇なきなり  2417.綺羅星のごとく  2439.気を落とす  2411.虚を衝く  2434.気を失う  2459.気を取り直す  2454.気を取られる  2497.謹厳実直  2316.共存共栄  2267.窮鳥懐に入れば猟師も殺さず  2399.毀誉褒貶  2393.漁夫の利  2284.窮余の一策  2204.九牛の一毛  2308.胸襟を開く  2356.器用貧乏  2339.興に乗る  2331.驚天動地  2222.九死に一生を得る  2221.金の草鞋で探す  2249.窮鼠猫を噛む  2379.玉石混淆(交)  2372.曲学阿世  2258.旧態依然  2386.虚心坦懐  2364.興味津津  2348.京の着倒れ、大阪の食い倒れ  2213.旧交を温める  2240.窮すれば通ず  2276.急転直下  2300.行間を読む  2231.牛耳る  2292.灸を据える  2324.兄弟は他人の始まり  2030.踵を返す  2042.気骨が折れる  2150.肝(胆)をつぶす  2066.木目が細かい  2102.肝(胆)が小さい  2126.気もそぞろ  2162.肝(胆)を冷やす  2185.杞憂  2195.牛飲馬食  2138.肝(胆)に銘じる  2003.牙を研ぐ  2054.きまりが悪い  2090.肝(胆)が据わる  2173.脚光を浴びる  2114.肝(胆)が太い  2016.牙を剥く  1991.気は心  1976.着の身着のまま  1961.昨日の敵は今日の友  1946.木に縁りて魚を求む  1848.気に障る  1915.気になる  1895.木に竹を接ぐ  1931.気に病む  1873.機に乗じる  1816.気に掛ける  1832.気に食わない  1745.木で鼻を括る  1799.気が入る  1727.狐の嫁入り  1709.狐につままれる  1763.喜怒哀楽  1781.軌道に乗る  1448.聞く耳を持たない  1586.喜色満面  1607.疑心暗鬼  1543.起承転結  1628.帰心矢のごとし  1565.机上の空論  1649.機先を制する  1691.狐と狸の化かし合い  1497.起死回生  1520.雉も鳴かずば打(撃)たれまい  1473.機嫌を取る  1670.奇想天外  1422.聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥  1396.危急存亡の秋  1223.危機一髪  1313.聞き捨てならない  1253.奇奇怪怪  1283.聞きしに勝る  1369.聞き耳を立てる  1342.鬼気迫る  1131.気が揉める  1193.木から落ちた猿  1099.気が滅入る  1000.気が回る  1066.気が向く  1033.気が短い  967.気が引ける  933.気が早い  826.気がない  753.気が遠くなる  675.気が付く  714.気が強い  637.気が散る  898.気が抜ける  863.気が長い  790.気が咎める  226.気が置けない  269.気が重い  598.気が小さい  312.気が利く  559.気が立つ  437.気が進まない  477.気が済む  518.気が急く  354.気が気でない  395.機が熟す  182.気が多い  138.気炎を揚げる  7.聞いて極楽見て地獄  94.気宇壮大  50.黄色い声