「瓜の蔓に茄子はならぬ」は、親の性質や才能は子に受け継がれるという意味のことわざ

「瓜の蔓に茄子はならぬ」は、親の性質や才能は子に受け継がれるという意味のことわざです。

意味

瓜の蔓には茄子(なす)が実らないように、平凡な親からは才能あふれる子は生まれないというたとえです。これは、遺伝的な要素だけでなく、家庭環境や教育なども子供の成長に影響を与えることを示唆しています。

使い方

  • その子は、両親ともに優秀な音楽家なので、音楽の才能が開花したのも当然だ。「瓜の蔓に茄子はならぬ」という言葉通りだね。
  • 彼は努力家で優秀な成績を収めているが、両親はどちらも勉強が苦手だった。「瓜の蔓に茄子はならぬ」というわけではないようだ。
  • 才能は生まれつきのものであり、努力でどうにかなるものではない。「瓜の蔓に茄子はならぬ」という言葉通りだとすれば、諦めるしかないのだろうか。

例文

天才ピアニストの彼は、幼い頃から音楽に触れ、両親からも指導を受けていた。まさに「瓜の蔓に茄子はならぬ」という言葉通りと言えるだろう。

類似のことわざ

  • 親の因果が子の報い
  • 蛙の子は蛙
  • 虎の子は虎

英語

「Like father, like son.」

その他

  • このことわざは、固定観念として捉えることもできますが、可能性を否定するものではありません。努力と環境次第で、親を超える才能を発揮する人もいるでしょう。
  • 現代社会では、多様な価値観が認められ、遺伝的な要素よりも個人の努力や環境を重視する傾向があります。そのため、「瓜の蔓に茄子はならぬ」という言葉は、以前よりも相対化されています。

参考URL:
瓜の蔓に茄子はならぬ(うりのつるになすびはならぬ)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書