腰を据える

【漢字】腰を据える
【読み】こしをすえる
【意味】じっくりと一つの事を考える。または一つの場所に定着する。
【例文1】老後は海の見える田舎に腰を据える。
【例文2】老後は長男夫婦宅に腰を据える。
【例文3】地元に腰を据える。

腰を据えるをテーマにした記事

 

少し腰を据えて体幹トレーニングに取り組む必要あり

先日中学生の長男が、足首が痛いという事で整骨院に行ってきました。部活でバスケットをしていることもあり、また捻ったりしたんだろうと思って受診したのですが、診断の結果がかなり意外でした。長男は赤ちゃんの頃ハイハイの時期があまりなかったり、小さい時に体を使って遊ぶ機会が少なかったりしたことが原因で体幹が弱く、正しい姿勢を保持できていない状態らしいのです。今の子供たちには結構多い事例のようなのですが、言われてみればこれまでも足首やかかとなどを痛めることも多くあり、体幹が弱いことが姿勢悪化につながり、関節などに負荷がかかってしまい、結果として痛くなってしまっていたようでした。その整骨院の先生がスポーツ関係のトレーナーなどもしている方でしたので、しばらく体幹の強化を目的に通院することになりました。そこで教わった体幹トレーニングの動きを毎日自宅で行い、数週間に1度通院して経過を確認してもらうという事になりました。長男本人としても、部活でかなり自信をつけてきていた時期だけに今のところ基本的なトレーニングを毎日文句を言いながらもこなしています。体幹トレーニングは1日やったからすぐに成果が出るという類のものではないので、しばらくは腰を据えて地道にトレーニングをしていくことになりそうです。