「目の前が真っ暗になる」とは、視界が突然失われる状態

「目の前が真っ暗になる」とは、視界が突然失われる状態を指します。一時的なものの場合もあれば、失明につながる深刻な状態の場合もあります。

一時的な目の前の暗転の原因

  • 立ちくらみ: 立ち上がるときに血圧が急激に低下し、脳への血流が一時的に減少することで起こります。脱水症状、貧血、低血糖などが原因で起こることが多いです。
  • 低血糖: 血糖値が極端に低くなることで起こります。糖尿病の患者によく見られますが、糖尿病でない人でも起こることがあります。
  • 過換気症候群: 呼吸が速くなりすぎ、体内の二酸化炭素量が減ることで起こります。不安や緊張などが原因で起こることが多いです。
  • 目の病気: 緑内障や網膜剥離などの目の病気でも、目の前が暗くなることがあります。

失明につながる目の前の暗転の原因

  • 脳卒中: 脳への血流が途絶えたり、脳の一部が損傷したりすることで起こります。言語障害、半身麻痺などの症状を伴うことが多いです。
  • 網膜剥離: 網膜が眼球の壁から剥がれることで起こります。飛蚊症や視野欠損などの症状を伴うことが多いです。
  • 緑内障: 視神経が損傷することで起こります。視野狭窄などの症状を伴うことが多いです。

目の前が真っ暗になったときの対処法

  • 安全な場所に座ったり横になったりする: 転倒を防止するために、安全な場所に座ったり横になったりしましょう。
  • 深呼吸をする: ゆっくりと深呼吸をすることで、脳への血流を改善することができます。
  • 水を飲む: 脱水症状が原因であれば、水を飲んで水分を補給しましょう。
  • 症状が続く場合は医療機関を受診する: 症状が続く場合は、必ず医療機関を受診しましょう。

目の前の暗転は、さまざまな原因で起こる可能性があります。 原因によっては、失明につながる深刻な状態であることもあります。目の前が真っ暗になった場合は、すぐに安全な場所に座ったり横になったりして、深呼吸をしましょう。 症状が続く場合は、必ず医療機関を受診してください。

参考URL:
目の前が「真っ暗」と「真っ白」になる立ちくらみの違いは何ですか? |立ちくらみ