花より団子

【漢字】花より団子
【読み】はなよりだんご
【意味】綺麗な景色を眺めて楽しむよりもお腹を満たしてくれる物の方がいい。
【例文1】着くなり花見そっちのけで花より団子の宴会が始まる。
【例文2】色気より花より団子だ。
【例文3】お腹すいたな、花より団子だ。

花より団子をテーマにした記事

 

花より団子の言葉の意味

お花見に行ったときに「花より団子だよね!」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
この花より団子、の正しい意味は皆さんご存知ですか?
「花より団子」=「花を見に行っても、美しい桜の花よりお腹を満たしてくれる団子の方が嬉しい、喜ぶ」ということから「風流よりも実益」「外観よりも実質を重んじる」ことの例えなんですね。

しかし、お花見は元々、作物の神様を迎える為の宗教行事で、その起源は奈良時代まで遡り、桜ではなく「梅の花」を見ていたそうです。
それが平安時代に入ってから貴族たちが桜の花を好むようになり梅から桜へ主流が変わっていったそうです。

ではいつから今のように花見をしながら甘いものを楽しむような習慣に変わったのか。
実は京都の醍醐で豊臣秀吉が開いた花見に諸国からそれぞれの名産物や乾物が集められたことがきっかけだそうです。
ここから江戸時代にはすっかり花見の席で団子を食べる風習が定着し、それが現代の桜を見ながら宴会するスタイルへ発展したとのことです。

なんとなく聞いたことのあるこの「花より団子」の言葉の成り立ちには、このような由来があったなんて驚きですね!
今度、お花見に行くときはこのような豆知識を披露してみてはいかがでしょうか。

」で始まる言葉一覧

2554肺腑を衝く 2318半畳を入れる 2270針の穴から天をのぞく 2261張り子の虎 2286歯を食い縛る 2207腹を抱える 2310半死半生 2358話半分 2302万事休す 2333パンドラの箱 2225腹を決める 2243腹を割る 2252波瀾(乱)万丈 2366鼻つまみ 2350畑違い 2342裸一貫 2216腹を固める 2278針のむしろ 2234腹を探る 2294反旗を翻す 2326半信半疑 2094腹が立つ 2047波紋を投げる 2023幅を利かせる 2143腹の皮がよじれる 2107腹が減っては戦ができぬ 2167腹八分に医者いらず 2198腸が煮えくり返る 2131腹に据えかねる 2009歯の根が合わない 2059早起きは三文の徳 2071腹が黒い 2035羽目を外す 2083腹が据わる 2155腹の虫が治まらない 2178腹も身の内 2119腹に一物 1997歯の抜けたよう 1968歯に衣着せぬ 1823鼻の下が長い 1806鼻に付く 1922鼻を明かす 1953花を持たせる 1938鼻を突く< 1883花も実もある 1860鼻持ちならない 1839花道を飾る 1904花より団子 1983羽を伸ばす 1752鼻で笑う 1770花に嵐 1788鼻に掛ける 1734鼻であしらう 1716鼻っ柱をへし折る 1433八方塞がり 1530鼻息をうかがう 1483鳩が豆鉄砲を食ったよう 1507鼻息が荒い 1698鼻っ柱が強い 1594話上手は聞き上手 1678話を付ける 1552鼻が高い 1407八方美人 1459破天荒 1573話が弾む 1636話に花が咲く 1657話の腰を折る 1615話にならない 1353這っても黒豆 1295八面六臂 1380発破をかける 1205バスに乗り遅れる 1235破竹の勢い 1265蜂の巣をつついたよう 1325ばつが悪い 1112馬耳東風 1144箸にも棒にも掛からない 1175恥の上塗り 913白髪三千丈 1014博覧強記 1080化けの皮がはがれる 981薄氷を踏む 1047薄利多売 947白眉 693白紙に戻す 732白砂青松 654白眼視 616箔が付く 770拍車を掛ける 878伯仲 842拍手喝采 201はかが行く 245場数を踏む 577馬脚を露す 288歯が立たない 537掃き溜めに鶴 331馬鹿とはさみは使いよう 496歯ぎしりをする 371馬鹿に付ける薬はない 414馬鹿の一つ覚え 157歯が浮く 69背水の陣 25敗軍の将は兵を語らず 113這えば立て、立てば歩めの親心