身の程知らず

【漢字】身の程知らず
【読み】みのほどしらず
【意味】自分の立場や能力をわきまえない人。
【例文1】彼女に近づこうなんて身の程知らずもいいとこだ。
【例文2】稼ぎもないのにお嬢様に近づこうとは身の程知らずだ。
【例文3】庶民の分際で身の程知らずだ。

身の程知らずをテーマにした記事

自称身の程知らずの友人

友人は自称「身の程知らず」です。
友人は若いうちに結婚し離婚まで経験しているシングルマザーで同い年のわたしに比べたら人生の経験値が高すぎます。
子ども達も大きくなりましたが、自分はまだバリバリの現役。仕事に励んでいます。
彼女は中卒です。実家が貧しく、就職をして家を支える選択肢しかなかったとの事でした。15歳からずっと働いています。なんとか大検を取り、今は中小企業で事務員をしています。
彼女はとても綺麗でスラッとしており、俗に言う中卒のシングルマザーとは違うイメージです。
とても子どもがいるようには見えないし、派手さもなく上品な雰囲気で普通のキャリアウーマン然としています。
かなりモテたようですが、再婚もせず離婚して20年お母さんとしてがんばってきました。
そろそろ恋愛とかしてもいいんじゃないの?という話をすると嫌がるのですが、彼女にはそろそろ自分の幸せを掴んでも許されると思うのです。
綺麗だし一人でいるのはもったいない、と。
でも彼女は言います。「わたしは理想が高くて身の程知らずだからだめなの。」じゃあどんな人が理想なのか聞いてみると、仕事をがんばっている人なんだそうです。そんな人たくさんいるのになぁ・・・
でも彼女を見てるとかっこいいなって思います。
素敵なのに謙虚な人って素敵です。

身の程知らずとは

「身の程知らず」とは、その名の通り自分の身分や能力の程度をわきまえないさまや人のことを言います。
例えば自分は平凡な家で育ってきたのに、いいとこのお嬢様を好きになってしまった人に対して身の程知らずだなと言ったりします。つまり自分の身分をしっかり理解してそれにあった行動を取れない人のことをいいます。
私がこれまでにこの人は身の程知らずだなと思う人がいました。それは、新入社員として私の下に入ってきた人のことです。自分は新入社員で知らないことも初めてのことも多いのに、私や上司に同じ口調で話してきたことです。自分の立場と周りの立場を本人は理解していなかったのでしょう。自分のことを過大評価してしまう人は特に身の程知らずになる行動が多いと思います。どんなに周りと馴れ合いがあったとしてもやはり自分は新入社員なのだからという身の程をしっかり知って自分より上の人には敬語を使い敬うべきだと思います。
このように身の程知らずと思うような人は案外自分の周りにたくさんいるものです。身の程知らずになってしまうと周りに迷惑をや不快感を与えることもあります。後で後悔しないように自分の身分や地位をしっかり理解した上でそれに伴った行動をしていきたいと思います。

」で始まる言葉一覧

2542.水の流れと身の行方 2425.見様見真似 2407.見切り発車 2401.身を寄せる 2419.未曾有 2413.水掛け論 2319.身を切られるよう 2311.身を固める 2262.見るに堪えない 2395.身をもって 2287.身を誤る 2208.脈がある 2359.身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ 2303.身を起こす 2351.身を粉にする 2334.身を削る 2226.未来永劫 2244.見ると聞くとは大違い 2374.身を挺する 2253.見るに忍びない 2367.身を立てる 2388.実を結ぶ 2381.身を投じる 2343.身を焦がす 2217.冥利に尽きる 2279.見る目がある 2235.見る影もない 2271.見るに見かねる 2295.身を入れる 2327.身を砕く 2096.耳を貸す 2012.耳にする 2049.耳に入る 2025.耳にたこができる 2145.耳をそばだてる 2109.耳を傾ける 2168.耳を塞ぐ 2121.耳をくすぐる 2190.身も蓋もない 2133.耳を澄ます 2073.耳寄りな 2037.耳に付く 2085.耳を疑う 2157.耳を揃える 2179.見向きもしない 1999.耳に障る 1863.実るほど頭の下がる稲穂かな 1970.耳慣れない 1825.身の振り方 1841.身の程知らず 1808.身の毛がよだつ 1924.耳が痛い 1955.耳が早い 1940.耳が肥える 1886.身二つになる 1906.耳打ちする 1985.耳に入れる 1772.身になる 1754.身につまされる 1790.身の置き所がない 1736.身に付ける 1718.身に付く 1411.味噌を付ける 1437.道が開ける 1463.道草を食う 1487.道を付ける 1682.身に覚えがない 1700.身に染みる 1598.三つ子の魂百まで 1556.三日坊主 1511.三日天下 1577.三日見ぬ間の桜 1640.緑の黒髪 1619.三つ指をつく 1661.身に余る 1534.三日にあげず 1357.身銭を切る 1300.水を差す 1210.水をあける 1240.水を打ったよう 1270.水を得た魚のよう 1384.店を畳む 1329.水を向ける 1117.水の滴るよう 1149.水は方円の器に従う 1180.水も漏らさぬ 918.水際立つ 1019.水と油 1052.水に流す 1085.水の泡 952.水臭い 811.水が合わない 699.見ざる聞かざる言わざる 738.微塵もない 622.みこしを担ぐ 660.みこしを据える 775.水入らず 883.水清ければ魚すまず 847.水が入る 460.右の耳から左の耳 207.身が入る 583.みこしを上げる 294.身から出た錆 543.見切りを付ける 251.身が持たない 337.右から左 502.右にならえ 377.右と言えば左 420.右に出る者がいない 163.磨きを掛ける 75.見得を切る 119.見栄を張る 31.ミイラ取りがミイラになる