身の毛がよだつ

【漢字】身の毛がよだつ
【読み】みのけがよだつ
【意味】恐怖で毛が立つほどゾッとする。
【例文1】亡霊が見えて身の毛がよだって眠れない。
【例文2】ストーカーに遭い身の毛がよだつ。
【例文3】身の毛がよだつ体験談話し。

身の毛がよだつをテーマにした記事

それこそ「身の毛がよだつ」こと

一般人の我々にはわからないことというのは、有名人が払う有名税というもので、実際に金額がはっきりしている本物の税金とは違います。
それは、有名人にとって払いたくもないものではありますが、有名なるがゆえに仕方が無いといった種類のものです。
最近では週刊誌によるゴシップがそのひとつではないでしょうか。
週刊誌が取り上げるゴシップの中でも文春という週刊誌が取り上げるものを「文春砲」と呼ぶようになったのはいつからでしょう。
たぶん、ベッキーさんと「ゲスの極み乙女」のボーカル川谷絵音さんとの不倫を取り上げたのが大きかったからでしょうか。
その後もたくさんのゴシップが文春だけでなく他の週刊誌でも花盛りです。
ネットでいろいろな情報が得られるようになってから、図書がどんどん売れなくなっているという時代に、これは福音なのかもしれません。
我々はそのゴシップを興味津々で読む側なのですが、週刊誌に追いかけられたあげくに微に入り細に入り、知られたくない秘密を明らかにされるのは、それこそ「身の毛がよだつ」ことなのではないでしょうか。
有名税だから仕方が無いと諦めるという人もいれば、逆切れして週刊誌を訴える人もいるようですが、一般人は高みの見物です。

身の毛がよだつ夏の夜

昔、地元の心霊スポットに行こう!と仲間うちで盛り上がり、免許を取り車を買ったばかりの友達がいたのでドライブがてら出発しました。
道中、気分を盛り上げようと自分が経験した怖い話を始めました。
自宅で金縛りにあったとき気付いたら自分が浮いていて下にもう一人自分がいた、という幽体離脱の体験談や
自宅で寝ていたら鎧を付けた落ち武者に話しかけられた話、そして今まさに向かっている心霊スポットで体験した話・・・これが身の毛がよだつ話でした。
その心霊スポットは峠道にある旧道でにあるトンネルで現在は封鎖され立ち入れないようになっていると聞きました。
その旧道に入る手前にある電話ボックスが既に第一の心霊スポットでした。
友人はそのトンネルの手前に車を停め友達数名とトンネルを歩いてみようということになったようです。
一人の女の子が「わたしは怖いから車で待ってる」と言い、その子一人を置いて三人でトンネルを歩いて渡ったそうです。心霊スポットはわりと人がたくさんいてあんまり怖くなかったねーなどと話しながら車に戻ると女の子がいなくなっていたそうで、あちこち探して回ったけど見つけることができず携帯に電話すると「えっ、車で待ってるよ?」と・・・でも車には誰もいない・・・単純に三人が車を間違えただけだった、というオチでした。

」で始まる言葉一覧

2542.水の流れと身の行方 2425.見様見真似 2407.見切り発車 2401.身を寄せる 2419.未曾有 2413.水掛け論 2319.身を切られるよう 2311.身を固める 2262.見るに堪えない 2395.身をもって 2287.身を誤る 2208.脈がある 2359.身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ 2303.身を起こす 2351.身を粉にする 2334.身を削る 2226.未来永劫 2244.見ると聞くとは大違い 2374.身を挺する 2253.見るに忍びない 2367.身を立てる 2388.実を結ぶ 2381.身を投じる 2343.身を焦がす 2217.冥利に尽きる 2279.見る目がある 2235.見る影もない 2271.見るに見かねる 2295.身を入れる 2327.身を砕く 2096.耳を貸す 2012.耳にする 2049.耳に入る 2025.耳にたこができる 2145.耳をそばだてる 2109.耳を傾ける 2168.耳を塞ぐ 2121.耳をくすぐる 2190.身も蓋もない 2133.耳を澄ます 2073.耳寄りな 2037.耳に付く 2085.耳を疑う 2157.耳を揃える 2179.見向きもしない 1999.耳に障る 1863.実るほど頭の下がる稲穂かな 1970.耳慣れない 1825.身の振り方 1841.身の程知らず 1808.身の毛がよだつ 1924.耳が痛い 1955.耳が早い 1940.耳が肥える 1886.身二つになる 1906.耳打ちする 1985.耳に入れる 1772.身になる 1754.身につまされる 1790.身の置き所がない 1736.身に付ける 1718.身に付く 1411.味噌を付ける 1437.道が開ける 1463.道草を食う 1487.道を付ける 1682.身に覚えがない 1700.身に染みる 1598.三つ子の魂百まで 1556.三日坊主 1511.三日天下 1577.三日見ぬ間の桜 1640.緑の黒髪 1619.三つ指をつく 1661.身に余る 1534.三日にあげず 1357.身銭を切る 1300.水を差す 1210.水をあける 1240.水を打ったよう 1270.水を得た魚のよう 1384.店を畳む 1329.水を向ける 1117.水の滴るよう 1149.水は方円の器に従う 1180.水も漏らさぬ 918.水際立つ 1019.水と油 1052.水に流す 1085.水の泡 952.水臭い 811.水が合わない 699.見ざる聞かざる言わざる 738.微塵もない 622.みこしを担ぐ 660.みこしを据える 775.水入らず 883.水清ければ魚すまず 847.水が入る 460.右の耳から左の耳 207.身が入る 583.みこしを上げる 294.身から出た錆 543.見切りを付ける 251.身が持たない 337.右から左 502.右にならえ 377.右と言えば左 420.右に出る者がいない 163.磨きを掛ける 75.見得を切る 119.見栄を張る 31.ミイラ取りがミイラになる