「終のすみか」 とは、 人生の最期まで住む家、老後を過ごすための住まい

「終のすみか」 とは、以下のような意味を持つ言葉です。

意味:

  • 人生の最期まで住む家。
  • 老後を過ごすための住まい。
  • 永住する場所。

例文:

  • 老後は、田舎で自然に囲まれた終のすみかを建てたい。
  • 子供たちが独立したので、夫婦二人で終のすみかを考え始めた。
  • 彼にとって、あの家は終のすみかのような場所だった。

類義語:

  • 老後施設、老人ホーム、介護付き有料老人ホーム、グループホーム、永住権、終の住処、終の棲家、終の棲み処

対義語:

  • 仮住まい、転居

終のすみかを選ぶ際には、

  • 自分の希望に合った場所を選ぶ
  • 費用を考慮する
  • 将来の生活を想定する

ことが大切です。

終のすみか は、人生の最後の時間を過ごす場所です。できるだけ快適で、自分らしい生活を送れる場所を選びたいものです。

関連情報:

  • 終のすみか - goo辞書: [無効な URL を削除しました]
  • 終のすみか - コトバンク: [無効な URL を削除しました]

参考URL:
終の住み処/終の栖/終の棲家(ついのすみか)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書