「身につまされる」とは、他人の不幸や苦しみなどを、自分のことのように感じて心が痛むという意味の慣用句

「身につまされる」とは、他人の不幸や苦しみなどを、自分のことのように感じて心が痛むという意味の慣用句です。

語源

「身につまされる」という言葉は、「つまされる」という動詞が変化したものです。「つまされる」は、「強く心を動かされる」という意味の動詞で、「身につまされる」は、この意味をより強く表した言葉と言えます。

意味

「身につまされる」という言葉は、他人の不幸や苦しみなどを、自分のことのように感じて心が痛むという意味で使われます。具体的には、以下のような状況で使われます。

  • ニュースで見た、貧困や戦争に苦しむ人々の姿を見て、「身につまされる」思いがした。
  • 友人から、家族を亡くしたという話を聞いて、「身につまされる」思いがした。
  • 歴史上の悲劇について学んで、「身につまされる」思いがした。

例文

  • 彼の話を聞いて、私も「身につまされる」思いがした。
  • この映画は、とても「身につまされる」内容だった。
  • 私たちは、もっと他人の気持ちを理解して、「身につまされる」思いをする必要がある。

注意

「身につまされる」という言葉は、相手に対して失礼にならないように使う必要があります。特に、相手が実際に苦しんでいる状況であれば、軽々しく使ってはいけません。

類義語

  • 胸を打たれる
  • 心を痛める
  • 共感する
  • 同情する
  • 哀れを感じる

対義語

  • 無関心である
  • 冷淡である
  • 無慈悲である
  • 冷たい
  • 無情である

まとめ

「身につまされる」という言葉は、他人の不幸や苦しみなどを、自分のことのように感じて心が痛むという意味の慣用句です。使う際は、相手に対して失礼にならないように、状況をよく考えてから使うようにしましょう。

参考URL:
身につまされる(みにつまされる)とは? 意味や使い方 - コトバンク