火花を散らす

【漢字】火花を散らす
【読み】ひばなをちらす
【意味】刀で激しく斬り合うと火花が飛ぶことから、激しく争うという意味。
【例文1】恋敵と火花を散らす。
【例文2】昨年のリベンジを晴らすと火花を散らす。
【例文3】両チームが火花を散らす。

火花を散らすをテーマにした記事

火花を散らす上司と部下の戦い。第三者の私は心の中で笑いながらじっくり楽しませてもらいました。

先日上司と火花を散らす戦いがありました。
ある提案事項が会社の方針を決定する機関から降りてきました。私たちの部門も関わることでもあったので、私も内容を確認しましたが、自分の本意とは程遠い内容でした。お客様への見返りを求めない業種にも関わらず、会社本位でのサービスの低下。少なくても私は提案の内容をそう受け取りました。しかし、組織の一員としては従うしかなく、理由をつければお客様も納得できるかなということで、提案に従うことにしました。
しかし、ここで黙っていないのは後輩です。早速噛みつきます。ここで、直属の上司へまず噛みつけばいいもの、もっと上の部門へ噛みつきました。会社員としてはやってはいけない行為です。後輩は延々と意見を申し立てたようですが、上の部門は相手にしなかったのでしょう。もしくは軽くあしらわれて終了したのでしょうか。いつの間にか話は終わっていました。これを面白く思わないのは直属の上司です。話の終了とともに、上司VS後輩の言い合いが始まりました。それは徐々にヒートアップしていき、それはもうフロア内が静まり返るほどでした。上司も最初は諭したのです。「まず、俺に意見を言ってから上に噛みつけ」と。常識の言葉を言っていただけです。しかし、上の部門から軽くあしらわれた後輩はすでにキリキリしている状況。怒涛のように上司に文句を浴びせました。上司を見下すような発言もあり、これには上司もヒートアップ。子供の喧嘩のように「バカ」「アホ」など幼稚な言葉が飛び交いました。両者とも顔を真っ赤にして周りが見えていません。まさに火花を散らす争いでした。

」で始まる言葉一覧

2095.貧すれば鈍する 2011.ピリオドを打つ 2048.ピンからキリまで 2024.疲労困憊 2144.檜舞台 2108.貧乏くじを引く 2132.独り舞台 2060.品行方正 2036.火を見るよりも明らか 2084.ひんしゅくを買う 2156.日和見 2120.貧乏暇なし 1998.比翼連理 1861.百里を行く者は九十を半ばとす 1969.氷山の一角 1824.百も承知 1807.百聞は一見に如かず 1923.百鬼夜行 1954.冷や飯を食う 1939.百発百中 1884.百家争鳴 1905.百花繚乱 1984.ひょうたんから駒が出る 1771.百害あって一利なし 1753.火蓋を切る 1789.百戦錬磨 1735.火花を散らす 1717.日の目を見る 1434.一役買う 1484.一人(独り)相撲を取る 1508.人を食う 1699.火のない所に煙は立たぬ 1595.火に油を注ぐ 1679.火の付いたよう 1553.人を見たら泥棒と思え 1408.人目を盗む 1460.一山当てる 1574.人を見て法を説け 1637.非の打ち所がない 1658.火の車 1616.微に入り細を穿つ 1531.人を呪わば穴二つ 1354.人目に付く 1296.人は見掛けによらぬもの 1206.一肌脱ぐ 1236.一花咲かせる 1266.人はパンのみにて生きるにあらず 1381.人目を忍ぶ 1326.瞳を凝らす 1113.人のふんどしで相撲を取る 1145.人は一代、名は末代 1176.一旗揚げる 914.人こそ人の鏡 1015.人の噂も七十五日 982.一つ穴の狢 1048.人の口には戸は立てられない 948.一筋縄ではいかない 1081.人のふり見て我がふり直せ 806.一泡吹かせる 694.筆舌に尽くしがたい 733.必要は発明の母 655.左うちわで暮らす 617.額を集める 879.人聞きが悪い 843.一息入れる 455.肘鉄砲を食う 202.日暮れて道遠し 246.膝が笑う 578.顰に倣う 289.庇を貸して母屋を取られる 538.美人薄命 332.膝を打つ 497.美辞麗句 372.膝を乗り出す 415.膝を交える 158.悲喜交交 144.日陰の豆も時が来ればはぜる 70.火が消えたよう 26.ひいきの引き倒し 114.引かれ者の小唄