「火のない所に煙は立たぬ」とは、根拠のない噂は流れないという意味の慣用句

「火のない所に煙は立たぬ」とは、根拠のない噂は流れないという意味の慣用句です。「煙のないところに火は立たない」と表現されることもあります。

由来

この慣用句の由来は諸説ありますが、一般的には中国の故事に由来するとされています。

昔、ある村に正直者で評判の高い男がいました。ある日、その男が村はずれの森で薪を拾っていると、一軒の家に火事があがっているのを見つけました。男はすぐに村へ戻り、助けを呼びに行きました。

村人たちが駆けつけると、確かに家からは煙が立ち上っていましたが、火事はありませんでした。実は、その家の住人は怠け者で、いつも煙突から煙を出しっぱなしにしていました。

このことから、「火のないところに煙は立たぬ」という言葉が生まれたと言われています。

意味

「火のない所に煙は立たぬ」という言葉は、根拠のない噂はすぐに消えてしまうという意味だけでなく、何かしらの真実や裏付けがあるという意味も含まれています。

つまり、噂を鵜呑みにするのではなく、冷静に判断することが大切だという教訓です。

使い方

「火のない所に煙は立たぬ」という言葉は、噂や憶測に対して使われます。

  • 例:
    • 彼が浮気しているという噂があるけど、「火のない所に煙は立たぬ」と思う。
    • この会社は経営難だという噂があるらしいけど、「火のない所に煙は立たぬ」から、まだ様子見かな。
    • あの事件には裏があると噂されているけど、「火のない所に煙は立たぬ」から、真相は分からないよね。

類義語

  • 風聞は十の八九嘘
  • 噂は真実の半分
  • 塵埃(じんあい)も積もれば山
  • 藪の中
  • 真偽不明

注意

「火のない所に煙は立たぬ」という言葉は、必ずしも真実とは限りません。

中には、意図的に根拠のない噂を流す悪意のある人もいます。

そのため、噂を聞いた際には、鵜呑みにせず、冷静に判断することが大切です。

参考URL:

「火のない所に煙は立たぬ」の意味と使い方

「火のない所に煙は立たぬ」は、「根拠のない噂は流れない」という意味の慣用句です。「煙のないところに火は立たない」と表現されることもあります。

由来

この慣用句の由来は諸説ありますが、一般的には中国の故事に由来するとされています。

昔、ある村に正直者で評判の高い男がいました。ある日、その男が村はずれの森で薪を拾っていると、一軒の家に火事があがっているのを見つけました。男はすぐに村へ戻り、助けを呼びに行きました。

村人たちが駆けつけると、確かに家からは煙が立ち上っていましたが、火事はありませんでした。実は、その家の住人は怠け者で、いつも煙突から煙を出しっぱなしにしていました。

このことから、「火のないところに煙は立たぬ」という言葉が生まれたと言われています。

意味

「火のない所に煙は立たぬ」という言葉は、根拠のない噂はすぐに消えてしまうという意味だけでなく、何かしらの真実や裏付けがあるという意味も含まれています。

つまり、噂を鵜呑みにするのではなく、冷静に判断することが大切だという教訓です。

使い方

「火のない所に煙は立たぬ」という言葉は、噂や憶測に対して使われます。

  • 例:
    • 彼が浮気しているという噂があるけど、「火のない所に煙は立たぬ」と思う。
    • この会社は経営難だという噂があるらしいけど、「火のない所に煙は立たぬ」から、まだ様子見かな。
    • あの事件には裏があると噂されているけど、「火のない所に煙は立たぬ」から、真相は分からないよね。

類義語

  • 風聞は十の八九嘘
  • 噂は真実の半分
  • 塵埃(じんあい)も積もれば山
  • 藪の中
  • 真偽不明

注意

「火のない所に煙は立たぬ」という言葉は、必ずしも真実とは限りません。

中には、意図的に根拠のない噂を流す悪意のある人もいます。

そのため、噂を聞いた際には、鵜呑みにせず、冷静に判断することが大切です。

参考資料