足元(下)を見る

【漢字】足元(下)を見る
【読み】あしもとをみる
【意味】相手の弱点を見つけ弱みにつけ込む。
【例文1】営業成績が悪かったらリストラだと足元を見る。
【例文2】服装で足元を見る。
【例文3】販売員に足元を見られる。

足元(下)を見るをテーマにした記事

足元を見られないように気を付けるには

人の足元を見ることや足元を見られることがあります。
特に足元を見られて損をしてしまうことは、できれば避けたいものです。

どんな場合でも足元を見られないためには、弱点を相手に見せないことが重要だと思います。
以前、私は欲しい車があり、数年かけてようやくその車を購入しました。

その時はとても嬉しかったのですが、乗ってしばらくすると、故障が多いのに気が付きました。
車を購入した業者に修理をお願いしていましたが、修理費の高額なことに驚いてしまいました。

私がその車をお気に入りだったこともあり、また外車で部品も安くないことなどから、高額な修繕費は仕方がなかったのかもしれません。
しかし、私はその時、足元を見られていると思いました。

他の業者ではその車を扱っていないこともあり、その業者以外に頼んで修理をすることができませんでした。

何かにこだわると、相手に足元を見られて、その弱みに付け込まれてしまうことがあります。
それは自分が足元を見られていると思っているだけなのかもしれません。

しかし、相手にそう思われないためにも、事前に対策を取っておくことが必要だと思います。
相手や何かに依存してしまうと、どうしても足元を見られやすくなるような気がします。

逆に自分も相手の足元を見るような言動や行動は控えたいと思います。

相撲取りにおける足元(下)を見る

かつて相撲取りは番付により協会から支給される履物のランクが違っていました。その事が起源となり相手の立場や、因果関係の優越によって態度を変える事を「足元(下)を見る」と言います。近年では弱味を握られた相手から不平等な約束を結ばされる場合に多く持ち入ます。例えば受注企業の下請け作業に掛かるコスト価格を、発注会社が大幅削減を要求して、もし応じなければ依頼自体を他に回すと多少脅しまがいな手段に出る。仕事そのものが無くなると困る受注会社は、仕方なく要求を呑まざるを得ません。つまり、優位な立場の方が好き勝手な要求をし、言われた側は従うしかないという訳です。それを呑まなければ更なる無理な条件を突き付けられ兼ねないからです。その昔のお相撲さんの頃は、幕下序の口の人達は基本裸足であった為、駆け出しという事で扱いも粗末なものでした。それが勝負に勝ち番付が上がって履物が貰える身分となれば、周りからの見られ方も変わり一目置かれて接し方に敬意を払われる様になって来ます。当時一番上だったのは大関の位でしたが、支給されていたのは足袋と草履で、それを履いている関取は一目で大関と判り、丁重な扱いを受けるのです。番付によって扱いが変わるのはある程度覚悟の上かもしれませんが、現代の様に優越が生じて不利な約束を強要される扱いは全く喜べません。なぜならお相撲さんには番付を上げる打開策があっても、主従関係には余程の事でもない限り立場が逆転する日は訪れないからです。

「あ」で始まる言葉一覧

2562.明日の百より今日の五十  2539.頭を捻る  2466.塩梅  2461.足手まとい  2456.朝飯前  2451.青二才  2446.案の定  2441.暗中模索  2436.案ずるよりも産むが易し  2431.安心立命  2426.暗礁に乗り上げる  2420.泡を食う  2414.合わせる顔がない  2408.蟻の這い出る隙もない  2402.蟻の歩み  2396.蟻の穴から堤も崩れる  2376.雨降って地固まる  2353.網を張る  2336.雨垂れ石を穿つ  2390.嵐の前の静けさ  2383.過ちて改めざる、これを過ちという  2369.飴と鞭  2361.雨が降ろうが槍が降ろうが  2345.天の邪鬼  2329.甘く見る  2321.甘い汁を吸う  2313.油を絞る  2305.油を売る  2297.脂が乗る  2289.虻蜂取らず  2281.危ない橋を渡る  2273.阿鼻叫喚  2264.あばたもえくぼ  2255.穴の開くほど見つめる  2246.穴があったら入りたい  2237.穴が開く  2228.後を引く  2219.跡を絶たない  2210.後は野となれ山となれ  2201.後の祭り  2192.後足で砂をかける  2182.後味が悪い  2170.羹に懲りて膾を吹く  2159.暑さ寒さも彼岸まで  2147.悪口雑言  2135.呆気に取られる  2123.圧巻  2111.あちら立てればこちらが立たぬ  2098.当たるも八卦当たらぬも八卦  2087.当たらずといえども遠からず  2075.新しい酒は新しい革袋に盛れ  2063.頭をもたげる  2051.頭を冷やす  2039.頭を撥ねる  2027.頭を抱える  2020.頭の黒い鼠  2010.頭の上の蠅を追え  1987.頭から湯気を立てる  1972.頭に来る  1957.頭が低い  1942.頭が下がる  1927.頭隠して尻隠さず  1911.頭が切れる  1891.頭が固い  1869.頭が痛い  1844.頭が上がらない  1828.足を向けて寝られない  1811.足を引っ張る  1794.足を運ぶ  1776.足を延ばす  1758.足を取られる  1740.足をすくう  1722.味を占める  1704.足を奪われる  1686.足を洗う  1665.足元(下)を見る  1644.足元(下)にも及ばない  1623.足元(下)に火がつく  1602.足元(下)から鳥が立つ  1581.味も素っ気もない  1560.足の踏み場もない  1538.足に任せる  1515.明日は明日の風が吹く  1492.朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり  1468.足が棒になる  1443.足が早(速)い  1417.足が鈍る  1391.足が出る  1364.足が付く  1337.足が地に着かない  1308.足が重い  1278.朝焼けは雨、夕焼けは晴れ  1248.浅い川も深く渡れ  1218.顎を出す  1188.顎で使う  1158.顎が干上がる  1126.顎が落ちる  1094.明けても暮れても  1061.上げ膳据え膳  1028.挙(揚)句の果て  995.揚げ足を取る  962.胡坐をかく  928.悪銭身に付かず  893.悪戦苦闘  858.悪事千里を走る  821.灰汁が抜ける  785.秋の日は釣瓶落とし  748.秋茄子は嫁に食わすな  709.空き樽は音が高い  670.赤の他人  632.赤子の手をひねる  593.青は藍より出でて藍より青し  553.青菜に塩  512.青田買い  471.青筋を立てる  431.青色吐息  389.阿吽の呼吸  349.会うは別れの始め  306.曖昧模糊  263.愛別離苦  220.合いの手を入れる  176.相槌を打つ  132.開いた口が塞がらない  88.愛想を尽かす  44.合縁奇縁  1.ああ言えばこう言う