夜の帳

【漢字】夜の帳
【読み】よるのとばり
【意味】夜になって暗くなる。
【例文1】夜の帳が下りて街に灯がともる。
【例文2】夜の帳の一人歩きは危険。
【例文2】夜の帳になる前に帰る。

夜の帳をテーマにした記事

夜の帳が下りた世界で、いつも待っていてくれた人。

高校時代、絵を描くことに興味があった私は自宅からバスで50分かかる絵画教室に通わせてもらっていました。
何故そんな離れた場所に行っていたのかと言うと、近所に絵を教えてくれる先生がいなかったから。
私の地元はかなりの田舎で近くで出来る習い事と言えば習字とそろばん教室のみでした。
そろばん教室は小さい頃に一時期通っていました。でも、もともと計算が苦手だった私には合わなくて長続きはしませんでした。
ですから一度、自分がやりたいことを習ってみたかった。遠くまで通うのは楽ではなかったものの、絵の指導をしてもらえるのはやっぱり嬉しかったです。
教室は平日の放課後だったので行きはともかく帰りのバスに乗る頃にはいつも外は真っ暗でしたね。
乗る人の少ないバスの中から眺める夜の帳が下りた世界はちょっぴり物悲しかった。田舎だから明かりも少なくて。
でも、暗い中女の子を一人で歩かせるのは心配だからって父がいつもバス停まで迎えにきてくれていました。それは本当に有り難かったし安心出来ました。
晴れている日は星が綺麗でした。父と取り留めの話をしながら家に帰っていました。今思えばあの時間も貴重だったと思います。
現在は実家を出て町中で一人暮らしをしています。絵画教室は高1から高2の終わりまでの約2年間通わせてもらいました。
あの頃両親から好きなことをさせてもらえたこと、今でも感謝しています。車を運転出来るようになった今は別の絵画教室に自分で通っています。

」で始まる言葉一覧

2555.世は相持ち 1827.夜を日に継ぐ 1843.世を渡る 1810.世をはばかる 1793.夜を徹する 1721.世を挙げて 1775.世を捨てる 1703.弱り目に祟り目 1757.世を忍ぶ 1739.世を去る 1416.世の習い 1601.寄らば大樹の陰 1467.呼び声が高い 1622.縒りを戻す 1685.弱音を吐く 1643.寄ると触ると 1559.夜も日も明けない 1491.呼び水になる 1514.読みが深い 1580.余裕綽綽 1442.世の目も寝ずに 1537.夜目遠目笠の内 1664.夜の帳 1335.世に問う 1276.世に聞こえる 1246.夜鍋をする 1389.余念がない 1216.四つに組む 1362.世に伯楽ありて然る後に千里の馬あり 1306.世に出る 1186.寄ってたかって 1155.予断を許さない 1091.よだれを垂らす 1025.葦の髄から天井をのぞく 1058.余勢を駆る 992.横を向く 924.横道にそれる 958.横槍を入れる 817.横紙破り 744.よく学びよく遊べ 705.欲の皮が突っ張る 628.欲と二人連れ 666.欲に目が眩む 781.欲も得もない 854.横車を押す 213.要求を飲む 343.羊頭狗肉 466.要領を得ない 426.要領がいい 589.良き分別は老人に問え 300.夜討ち朝駆け 549.良かれ悪しかれ 256.容姿端麗 508.用を足す 383.洋の東西を問わず 169.用が足りる 125.用意周到 37.善い事は真似でもせよ 81.宵っ張りの朝寝坊 1123.与太を飛ばす