心を鬼にする

【漢字】心を鬼にする
【読み】こころをおににする
【意味】可哀想だと思いながらもあえて厳しくする。
【例文1】将来を考えて心を鬼にして子どもを躾けする。
【例文2】子どもでも時には心を鬼にする。
【例文3】心を鬼にして突き放す。

心を鬼にするをテーマにした記事

自分の子どもは可愛いですが、心を鬼にすることも時には大切

自分の子どもは可愛いですが、一緒に過ごしていると可愛い・楽しいだけでは済まないことがたくさんあります。特に、子どもを叱らなければならないことも多いです。私は幼稚園教諭という仕事をしていた経験もあるので、子どもを叱るということに関しては難しさを感じることはあまりないのですが、それでも時々胸が痛くなることもあります。
でも、子どもにとって、いけないことだと気づいたり感じたりすることが必要な場面では、やはり親が伝えなければなりません。そこで、子どものために心を鬼にするのです。可愛がるだけではなく、親は様々な役割を持ちます。人間ですから、機械的に何でもできるわけではなく、子どもと関わっていると心が揺れることはたくさんあります。そこで、自分の気持ちに迷いがあるままでは子どもに伝えたいことが伝わりません。叱るということが大切なのではなく、迷いを捨てて真剣に伝えることが大切です。ですから、言いづらいこともはっきりと言うために、心を鬼にするということが時には必要なのです。
心を鬼にするという意識でいる人は、普段は鬼ではないということですから大丈夫、と自信を持って、子どもと向き合いたいものですね。親がまっすぐ向き合えば、子どももまっすぐ育つと私は信じています。

心を鬼にして注意したのに……

私はとあるアート系の専門学校で職員として働いています。授業を見たりすることもあるのですが、生徒の作品を見ているとちょっと問題に感じることも多いのです。
特に思うのが、普段の授業課題や卒業制作展の出品作で、既存のアート作品とほとんど同じ作品を出している生徒がかなりの数いることです。最近では、あるアニメキャラクターのデザインをごく一部だけ変えて、オリジナルキャラクターと偽っていた生徒がいました。
また、この話は教え子の男子生徒から聞いたのですが、就職活動で志望先の企業に提出するポートフォリオという個人作品集があり、その表紙にする作品を、インターネットで見つけたミュージシャンのCDジャケットから丸々デザインを持ってきてしまったクラスメートがいたということでした。
彼は盗用した生徒と仲は良かったのですが、その子の将来のためを思い、心を鬼にして何度も何度も「盗作はしてはいけないことだ」と注意したのだそうです。ところが注意されたほうは、「そのジャケットは見たことがあるけれど、まねしてはいない」と猛反論。周りの友達も巻き込んで注意したにも関わらず、絶対に認めたり、作り直したりしようとしなかったとのことです。
これからプロになるのですから、やはりオリジナルのものを作ってほしいですよね。

」で始まる言葉一覧

2100.五里霧中  2043.ごまめの歯軋り  2067.小耳に挟む  2103.転ばぬ先の杖  2127.コロンブスの卵  2163.言語道断  2186.権兵衛が種まきゃ烏がほじくる  2139.怖いもの見たさ  2004.子どもの喧嘩に親が出る  2079.孤立無援  2055.胡麻を擂る  2031.子は三界の首枷  2151.子を持って知る親の恩  2174.今昔の感  2115.転んでもただでは起きない  2017.子はかすがい  1992.言葉を濁す  1978.小手調べ  1963.腰を抜かす  1948.腰を据える  1917.腰を上げる  1897.故事来歴  1801.腰が低い  1875.五十歩百歩  1840.この親にしてこの子あり  1818.腰が弱い  1851.虎視眈々  1834.腰巾着  1747.腰が重い  1729.古今東西  1765.腰が強い  1783.腰が抜ける  1711.心を許す  1450.心に残る  1588.心を奪われる  1609.心を鬼にする  1545.心を痛める  1630.心を砕く  1522.心許ない  1567.心を打つ  1693.心を引かれる  1672.心を込める  1499.心にもない  1499.心にもない  1475.心に触れる  1424.心に刻む  1651.心を配る  1398.心に掛ける  1371.心に浮かぶ  1225.こけら落とし  1315.心が弾む  1255.心が重い  1285.心が通う  1344.志を立てる  1101.黒白をつける  1133.小首を傾げる  1165.孤軍奮闘  1195.虎穴に入らずんば虎子を得ず  1068.極悪非道  1035.故郷へ錦を飾る  1002.声を呑む  969.呉越同舟  935.業を煮やす  829.紺屋の明後日  793.公明正大  756.弘法筆を選ばず  678.公平無私  717.弘法にも筆の誤り  640.郷に入っては郷に従え  900.功を奏する  601.荒唐無稽  865.紺屋の白袴  229.後悔先に立たず  315.厚顔無恥  272.口角泡を飛ばす  440.好事魔多し  562.口頭試問  480.後生畏るべし  357.巧言令色  521.広大無辺  398.孝行のしたい時分に親はなし  185.甲乙付け難し  53.紅一点  141.行雲流水  10.鯉の滝登り  97.光陰矢のごとし