目には青葉山ほととぎす初がつお

【漢字】目には青葉山ほととぎす初がつお
【読み】めにはあおばやまほととぎすはつがつお
【意味】山口素堂(やまぐち・そどう)が初夏の季節を視覚・聴覚・味覚でとらえた俳句である。
【例文1】目には青葉山ほととぎす初がつおで、初夏は過ごしやすく楽しみがたくさんある。
【例文2】目には青葉山ほととぎす初がつおの食べ物がうまい。
【例文3】目には青葉山ほととぎす初がつおが待ち遠しい。

目には青葉山ほととぎす初がつおをテーマにした記事

どれひとつ欠けても味気ない生活

「目には青葉山ほととぎす初がつお」とは江戸時代に作られた、山口 素堂という俳人が作ったものです。
江戸時代には初がつおはかかぁを質に入れてでも喰うのが江戸っ子ってもんだ、と粋がって食べたものだと言われていますが、本当のところはどうだったのでしょう。
それくらい高いけれど初物だからという初物に対する思い入れがあったのかもしれません。
四季のある日本ならではの食のサークルがあります。
今ほど楽しみが多くなかった時代には、食べ物は大きな楽しみや喜びだったのでしょう。
「目には青葉山ほととぎす初がつお」には視覚、聴覚、味覚が盛り込まれています。
どれひとつ欠けても味気ない生活になってしまうのではないでしょうか。
この三つの感覚がすべて満たされているという俳句には、幸福感が感じられます。
人間にとっては、いろいろな価値観があるのですが、健康であるということは幸福を語る上でのベースにもなるものではないかと思われます。
この俳句はただその季節の事柄を淡々と詠んでいるようでいて、その時代の人々にとっての幸せが案外身近な感覚を満足させることだと言っているのかもしれません。

目には青葉山ほととぎす初がつお、つまり花より団子です

「目には青葉山ほととぎす初がつお」は今から300年くらい前、江戸の中ごろに山口素堂という俳人が詠んだ俳句です。
青葉・ほととぎす・初鰹という三つの単語に、五感から感じられた初夏が凝縮された作品です。
視覚で青葉、聴覚でほととぎすを感じたところで、初鰹の季節だなと思い至ったのでしょう。
生きている人間、動物にとっては食べることは命に関わる大問題なので思い至って当然です。
当然ではあるのですが、食べ物がオチというあたりに文化的な高尚さとはかけ離れた親近感がもてます。
正月・節分・ひな祭り・花見・端午の節句・田植え・七夕・お盆・台風・運動会・クリスマス、究極的には何もなくても酒飲みは酒を飲むようです。
さらには日本全国各県の美味しいものを酒を飲む理由にする歌があるらしいです。
季節の旬の食べ物を食べることは、江戸時代の江戸っ子の粋にその根拠があるようです。
しかし、嫁さんを質に入れてまで初鰹を求めるという心には流石に共感できません。
江戸時代の漁業や輸送方法では、新鮮な鰹はそれなりに高価な代物だったそうです。
つまり見栄をはって無理して贅沢をしようとしていたのでしょうか。
とりあえず現代では生産地が離れていても優良な刺身が適正な価格で購入できる分だけ幸せに感じます。

」で始まる言葉一覧

2545.明鏡も裏を照らさず 2320.目を養う 2312.目をむく 2263.芽を吹く 2288.目を丸くする 2209.目をつり上げる 2360.面目を失う 2304.目を見張る 2352.面目次第もない 2335.面倒を見る 2227.目を盗む 2245.目を光らす 2375.面目躍如 2254.目を引く 2368.面目を施す 2389.目八分 2382.迷宮入り 2344.面と向かって 2218.目を通す 2280.目を細める 2236.目を離す 2272.目を伏せる 2296.目を回す 2328.面従腹背 2097.目を凝らす 2013.目を奪う 2050.目を掛ける 2026.目を覆う 2146.目を据える 2062.目をかすめる 2110.目を皿のようにする 2169.目を背ける 2122.目を三角にする 2200.目をつぶる 2191.目を付ける 2134.目を白黒させる 2074.目を配る 2038.目を落とす 2086.目をくらます 2158.目を注ぐ 2180.目をそらす 2000.目を疑う 1865.目の毒 1971.目も当てられない 1941.目鼻が付く 1842.目の付け所 1809.目の黒いうち 1926.目は口ほどに物を言う 1956.目星を付ける 1888.目の保養 1908.目の前が真っ暗になる 1986.目もくれない 1792.目の敵にする 1774.目の上のこぶ 1702.目にも留まらぬ 1756.目の色を変える 1738.目に物見せる 1720.目に物言わす 1413.めどが付く 1439.目と鼻の先 1465.目に余る 1489.目に入れても痛くない 1621.目に入る 1684.目に見えて 1642.目には目を、歯には歯を 1600.目には青葉山ほととぎす初がつお 1558.目に付く 1513.目に浮かぶ 1579.目に留まる 1536.目に角を立てる 1663.目に触れる 1359.めっきがはげる 1331.目玉が飛び出る 1272.目白押し 1242.目先を変える 1386.滅相もない 1212.目先が利く 1302.メスを入れる 1119.目から火が出る 1182.目くそ鼻くそを笑う 1151.目くじらを立てる 920.目がない 1021.目が回る 988.目が早い 1054.目から鱗が落ちる 1087.目から鼻へ抜ける 954.眼鏡にかなう 813.目が出る 740.目が据わる 701.目頭が熱くなる 662.目が覚める 614.寝覚めが悪い 777.目が高い 885.目が届く 849.芽が出る 209.冥途の土産 462.目が潤む 422.目が合う 585.目が肥える 296.明眸皓歯 545.目が眩む 253.名物にうまい物なし 339.明明白白 504.目が利く 379.迷惑千万 165.名状しがたい 77.明鏡止水 121. 33.明暗を分ける