読みが深い

【漢字】読みが深い
【読み】よみがふかい
【意味】先の先まで見通している。
【例文1】先の先まで考えて行動する彼女は読みが深い。
【例文2】読みが深いと恋愛で失敗する。
【例文3】疑い深く読みが深い。

読みが深いをテーマにした記事

読みが深い恋愛

とにかくなんでも仕切ってしまうわたし。
人から相談を持ちかけられることも多く、割りと人のことはよく見えているようなのですが、自分の事となるとからっきしだめみたいです。
特に恋愛が絡むと調子が狂います。
割りと冷静に観察しているし、客観視するタイプだし、読みは鋭い方だと思っているのですが恋愛になると全くわけがわからなくなってしまうようです。
例えば彼とデートの約束をしていたのに、急な仕事が入り会えなくなった、と言われたら「こんなにタイミング良く仕事なんか入るかしら」とか「本当は会いたくなくなっただけなんじゃないかしら」などと深読みしてしまうのです。そして勝手に落ち込んでしまいます。
友人からは「読みが深いんだよ!!」と怒られ、実際いつもわたしの読みが深いだけなのですが、ネガティブな方向に深読みをしてしまうのでくせが悪い!といつも周りには怒られてしまいます。
この読みの深さはドラマなどを見ていてもちょいちょい出てきてしまいます。
読みが深すぎてすべてが伏線に見えてしまう、全員が犯人に見えてしまう、読みが深すぎて一周まわって犯人は主人公なんじゃないか、などと言い出すこともあります。
普通に恋愛やドラマを楽しんでみたいと思うのでした。

」で始まる言葉一覧

2555.世は相持ち 1827.夜を日に継ぐ 1843.世を渡る 1810.世をはばかる 1793.夜を徹する 1721.世を挙げて 1775.世を捨てる 1703.弱り目に祟り目 1757.世を忍ぶ 1739.世を去る 1416.世の習い 1601.寄らば大樹の陰 1467.呼び声が高い 1622.縒りを戻す 1685.弱音を吐く 1643.寄ると触ると 1559.夜も日も明けない 1491.呼び水になる 1514.読みが深い 1580.余裕綽綽 1442.世の目も寝ずに 1537.夜目遠目笠の内 1664.夜の帳 1335.世に問う 1276.世に聞こえる 1246.夜鍋をする 1389.余念がない 1216.四つに組む 1362.世に伯楽ありて然る後に千里の馬あり 1306.世に出る 1186.寄ってたかって 1155.予断を許さない 1091.よだれを垂らす 1025.葦の髄から天井をのぞく 1058.余勢を駆る 992.横を向く 924.横道にそれる 958.横槍を入れる 817.横紙破り 744.よく学びよく遊べ 705.欲の皮が突っ張る 628.欲と二人連れ 666.欲に目が眩む 781.欲も得もない 854.横車を押す 213.要求を飲む 343.羊頭狗肉 466.要領を得ない 426.要領がいい 589.良き分別は老人に問え 300.夜討ち朝駆け 549.良かれ悪しかれ 256.容姿端麗 508.用を足す 383.洋の東西を問わず 169.用が足りる 125.用意周到 37.善い事は真似でもせよ 81.宵っ張りの朝寝坊 1123.与太を飛ばす