失敗は成功の基

【漢字】失敗は成功の基
【読み】しっぱいはせいこうのもと
【意味】失敗すると原因を考え改善していくうちに成功につながる。
【例文1】失敗は成功の基で次は同じ過ちは繰り返さない。
【例文2】失敗は成功の基だ。諦めないで頑張って。
【例文3】失敗は成功の基からヒントを得る。

失敗は成功の基をテーマにした記事

 

失敗は成功の基

何かに挑戦して上手く行かなかった事を、次の挑戦の糧にする考え方が「失敗は成功の基」であると言います。人は人生を歩む過程で何かしら乗り越えなければならない試練、若しくは作業が出て来ます。その際何も問題無く成功出来れば何の苦もないのですが、時にはそれらを上手くやれずに失敗してしまう憂き目に会う事もあるのです。その時、失敗した挫折感に何時までも囚われず、何処に失敗の原因があったのかを直ぐに分析して再挑戦をする姿勢が肝要であると言えますし、何よりその失敗がなければその後の成功の喜びが大きく感じられなかったかも知れません。失敗を失敗のまま終わらせれば何も起こりませんが、失敗から何かを学習して原因を克服すればそこに費やした全てが報われる事となり、余計に一つの成功の価値が上がったと評価して貰えます。もちろんすんなり成功を納める事自体は、それはそれで素晴らしい話であり充分評価に値します。只、紆余曲折あってその末にやっと辿り着けた成功には、何物にも代え難い充実感が待っているのです。成功に掛かった時間が長くなればなるほど、その反動として喜びが何倍にも跳ね上がる訳です。何かに挑む、その一歩が既に成功への始まりであり、失敗は成功を引き立てる為のスパイスだと考える余裕を持てれば、どんな挑戦も恐れる事はないのではないでしょうか。