いずれ菖蒲か杜若

【漢字】いずれ菖蒲か杜若
【読み】いずれあやめかかきつばた
【意味】菖蒲と杜若はよく似ている綺麗な花で区別がつきにくい。どちらも優れていて選ぶのに迷う。
【例文1】二人から告白されたが、いずれ菖蒲か杜若で決めきれない。
【例文2】どちらが綺麗かと聞かれてもいずれ菖蒲か杜若だ。
【例文3】引き抜きの話がいずれ菖蒲か杜若だ。

いずれ菖蒲か杜若をテーマにした記事

 

いずれ菖蒲か杜若、花の見分け方

どちらも同じくらいに優れていて序列がつけられないことを、「いずれ菖蒲か杜若」と表現します。
菖蒲(ショウブ)、杜若(カキツバタ)と読みますが、アヤメも漢字で書くと菖蒲なので実に紛らわしいです。
その意味で、似ていて紛らわしく見分けがつかないことを指す言葉として「いずれ菖蒲か杜若」が使われる場合もあります。
ジャーマンアイリスやスパニッシュアイリスなど、アイリスと呼ばれる花もアヤメ科の植物です。
ショウブはショウブ科ですが、ハナショウブはアヤメ科だったりとさらに面倒な事情もあります。
見分け方は色々ありますが、花びらの付け根の部分で区別するのが一番簡単そうです。
アヤメは花びらの付け根部分に葉脈のような網目状の模様があり、ショウブとカキツバタは根元から先に向けて尖った三角形のような模様があります。
また、ハナショウブの葉には中央に白い筋がありますが、アヤメやカキツバタにはそのような筋はありません。
花が咲く時期であれば高さで大まかに判別することも可能です。
アヤメの高さは30センチから60センチ、ハナショウブは80センチから100センチ、カキツバタはその中間で50センチから70センチです。
生育状況などによって個体差もありますが、遠くから見て判別する際の参考程度にはなるでしょう。
地面(乾燥地)に生えているのがアヤメ、水中や湿地に生えているのがカキツバタ、その中間的な土地に生えるのがハナショウブという見分け方もあります。

.」で始まる言葉一覧

2538.引導を渡す 2537.慇懃無礼 2536.因果を含める 2535.因果応報 2534.異を唱える 2533.意を決する 2531.言わぬが花 2529.鰯の頭も信心から 2527.色をなす 2525.色を付ける 2523.色を失う 2521.嫌気が差す 2518.否が応でも 2515.いやが上にも 2511.芋の煮えたもご存じない 2507.芋の子を洗うよう 2503.芋づる式 2499.意味深長 2495.今泣いた烏がもう笑う 2491.威風堂々 2487.意表を突く 2483.茨の道 2479.井の中の蛙大海を知らず 2475.命の洗濯 2471.命あっての物種 2467.犬も食わない 2462.犬も歩けば棒に当たる 2457.犬の遠吠え 2447.意に介さない 2442.糸を引く 2437.居ても立っても居られない 2432.一服盛る 2427.一敗地に塗れる 2421.一杯食わされる 2415.一得一失 2409.一刀両断 2403.一頭地を抜く 2397.一長一短 2391.一朝一夕 2384.一知半解 2377.一線を画す 2370.一石を投じる 2362.一石二鳥 2354.一世を風靡する 2346.一世一代 2337.一寸の虫にも五分の魂 2330.一寸の光陰軽んずべからず 2322.一寸先は闇 2314.一炊の夢 2306.一心不乱 2298.一心同体 2290.一進一退 2282.一矢報いる 2274.一触即発 2265.一笑に付す 2256.一将功なりて万骨枯る 2247.一生懸命 2238.一瀉千里 2229.一糸乱れず 2220.一切合切(財) 2211.一刻を争う 2202.一国一城の主 2193.一挙両得 2183.一挙手一投足 2171.一挙一動 2160.一騎当千 2148.一気呵成 2136.一喜一憂 2124.一巻の終わり 2112.一家を成す 2099.一攫千金 2088.一を聞いて十を知る 2076.一蓮托(託)生 2064.一利一害 2052.一翼を担う 2040.一陽来復 2028.一葉落ちて天下の秋を知る 2014.一も二もなく 2001.一目瞭然 1988.一目置く 1973.一網打尽 1958.一望千里 1943.一富士二鷹三茄子 1928.一部始終 1912.一病息災 1892.一姫二太郎 1870.一念発起 1845.一年の計は元旦にあり 1829.一難去ってまた一難 1812.一日の長 1795.一日千秋 1777.一事が万事 1759.一言半句 1741.一期一会 1723.一言居士 1705.一から十まで 1687.一か八か 1666.一衣帯水 1645.一意専心 1624.至れり尽くせり 1603.板挟みになる 1582.板に付く 1561.鼬ごっこ 1539.痛し痒し 1493.痛くも痒くもない 1469.痛い目にあう 1444.急がば回れ 1418.いずれ菖蒲か杜若 1392.以心伝心 1365.意地を張る 1338.衣食足りて礼節を知る 1309.医者の不養生 1279.石橋を叩いて渡る 1249.石の上にも三年 1219.石に漱ぎ流れに枕す 1189.石にかじりついても 1159.石が流れて木の葉が沈む 1127.いざ鎌倉 1095.異口同音 1062.息を吹き返す 1029.息を引き取る 996.息を弾ませる 963.息を呑む 929.息を抜く 894.息をつく 859.威儀を正す 822.息を殺す 786.息を凝らす 749.意気揚々 710.息の根を止める 671.意気投合 633.意気消沈 594.意気軒高 554.息が長い 513.息が詰まる 472.息が絶える 432.行きがけの駄賃 390.息が切れる 350.息がかかる 307.息が合う 301.色の白いは七難隠す 264.生き馬の目を抜く 221.行き当たりばったり 177.怒り心頭に発する 133.いかもの食い 89.言うは易く行うは難し 45.言うに事欠いて 2.唯々諾々