世の習い

【漢字】世の習い
【読み】よのならい
【意味】世間でありがちな出来事。
【例文1】美人が得をするのは世の習い。
【例文2】金で解決する世の習い。
【例文3】社会の上下関係は世の習い。

世の習いをテーマにした記事

人との衝突は世の習い

仲の良い友人と喧嘩をしてしまった、できれば本当は喧嘩なんてしたくなかった、と後悔することもあると思います。ときには些細なことで恋人と喧嘩をしてしまい、その勢いでそのまま別れてしまって後悔している、という人もいるかもしれません。しかしこのように、人と衝突してしまうことは世の習いだと言えましょう。

なぜなら人は、みんなそれぞれ違うからです。どんなに自分と似たような考え方をしている人がいても、どこかしらで自分とは違う考え方を持っているでしょう。自分と全く同じ考え方の人なんていません。そのため相手の主張が自分の考え方に反した場合、口論してしまったり喧嘩してしまうのは仕方ないことです。出来ることなら争いは避けたい、と思う人は多いでしょう。それでも衝突が起こってしまうのは仕方ありません。どんな人も自分とは違うところがあるのですから、何かがキッカケで自分と衝突する可能性はあります。誰かと衝突してそのまま仲違いしてしまうときもあるでしょう。

ですが反対に、衝突したことでお互いへの理解が深まることだってあります。それに時が経てば、喧嘩したことが笑い話になることだってあるくらいです。笑い話になるかもしれないと思うと、喧嘩にも良い面と悪い面があると感じますね。

」で始まる言葉一覧

2555.世は相持ち 1827.夜を日に継ぐ 1843.世を渡る 1810.世をはばかる 1793.夜を徹する 1721.世を挙げて 1775.世を捨てる 1703.弱り目に祟り目 1757.世を忍ぶ 1739.世を去る 1416.世の習い 1601.寄らば大樹の陰 1467.呼び声が高い 1622.縒りを戻す 1685.弱音を吐く 1643.寄ると触ると 1559.夜も日も明けない 1491.呼び水になる 1514.読みが深い 1580.余裕綽綽 1442.世の目も寝ずに 1537.夜目遠目笠の内 1664.夜の帳 1335.世に問う 1276.世に聞こえる 1246.夜鍋をする 1389.余念がない 1216.四つに組む 1362.世に伯楽ありて然る後に千里の馬あり 1306.世に出る 1186.寄ってたかって 1155.予断を許さない 1091.よだれを垂らす 1025.葦の髄から天井をのぞく 1058.余勢を駆る 992.横を向く 924.横道にそれる 958.横槍を入れる 817.横紙破り 744.よく学びよく遊べ 705.欲の皮が突っ張る 628.欲と二人連れ 666.欲に目が眩む 781.欲も得もない 854.横車を押す 213.要求を飲む 343.羊頭狗肉 466.要領を得ない 426.要領がいい 589.良き分別は老人に問え 300.夜討ち朝駆け 549.良かれ悪しかれ 256.容姿端麗 508.用を足す 383.洋の東西を問わず 169.用が足りる 125.用意周到 37.善い事は真似でもせよ 81.宵っ張りの朝寝坊 1123.与太を飛ばす