舵を取る

【漢字】舵を取る
【読み】かじをとる
【意味】物事を導く。進行をする。
【例文1】司会の舵を取る。
【例文2】船長が舵を取る。
【例文3】運営の舵を取る。

舵を取るをテーマにした記事

地球の未来に向けて舵を取る

アメリカのトランプ大統領地球温暖化防止のための協定「パリ協定」を離脱することを決めました。それに対しアメリカ国内からも反発の声が上がっています。ニューヨーク市長などは「We are still in」と声明を出し、自分たちはパリ協定に参加する意思があるということを示しました。
ここ数年毎年のように夏が暑くなっているのを体感します。地球温暖化は待ったなしの問題なのです。今すぐに取り組んで地球がこの先進むべき方向を舵をとって変えていく必要があります。この先中国、インドの人たち全員が今の日本人のように一家に一台の車を持つような生活レベルになったらそれこそ大気汚染、二酸化炭素の濃度は恐ろしい数値になります。高度経済成長期に日本で起きたことが地球規模で起こるわけです。ただだからと言ってインドや中国の人にそのままの生活レベルでいるよう望むのも間違っていると思います。自分たちの生活を見直しエネルギーを無駄に使いすぎない生活に世界中で舵を取る必要があると思います。
地球環境がこれ以上ひどい状態にならないために1人1人に何が出来るかを真剣に考えなくてはいけない時代だと思います。知恵を出し合えばきっと問題解決に繋がるアイデアが出てくると思います。