和を以て貴しと為す

【漢字】和を以て貴しと為す
【読み】わをもってとうとしとなす
【意味】聖徳太子憲法十七条の第一条の言葉。争い事をせず、人々が仲良くすることが大切だという意味。
【例文1】商店街は和を以て貴しと為すで活気がある。
【例文2】全員が賛成するまで和を以て貴しと為して話し合う。
【例文3】ご近所さんと和を以て貴しと為す。

和を以て貴しと為すをテーマにした記事

和を以て貴しと為して過ごしてきました

和を以て貴しと為すとは何事をなすにも人々が仲良く争い事が起きないのがよいという聖徳太子の十七条の憲法冒頭にある言葉です。
子どもが友達と遊び始めると仲良く遊ばないとだめだよと誰もがお母さんから言われる言葉だと思います。幼稚園や保育園に入園すると必ず先生からもみんなで仲良く遊びましょうと教えられます。そうは言っても小さい子は理解できない事もありますよね。集団生活の中で少しづつ学んでいくものだと思います。
小中学校に上がるにつれ、個人の性格の差があらわれ頭ではわかっていてもそれができない事もあります。特に女子はグループを作りたがる傾向がありますので、行動は同じメンバーになる事が多いですよね。3人グループになるとうまくいかない事も多いです。先生たちもよほどの仲間外れなどがない限り、注意はしませんが、どこのクラスにも一人になる子がいました。
社会人になると環境もガラッと変わり戸惑いましたが、いい印象を与えるには笑顔とあいさつが大事だと思い、自分から積極的に仲間に入っていきました。