「目の当たりにする」とは、自分の目の前で実際に起こっているのを見ること

「目の当たりにする」とは、自分の目の前で実際に起こっているのを見ること。

読み方: まのあたりにする

意味:

  1. 自分の目の前で実際に起こっているのを見る。
  2. 実際に体験する。
  3. 疑いようのない事実として認識する。

語源:

  • 「目の前」は自分の視界に入る範囲、「当てる」は直接触れるという意味から。

類義語:

  • 目撃する
  • 直視する
  • 遭遇する
  • 体験する
  • 実感する

対義語:

  • 想像する
  • 聞き及ぶ
  • 間接的に知る
  • 夢見る
  • 空想する

例文:

  • 彼は、事故現場を目の当たりにして、言葉を失った。
  • 彼女は、戦争の悲惨さを目の当たりにして、平和の大切さを痛感した。

参考URL:
「目の当たり」の意味や読み方とは? 使い方や類語、英語表現などを解説 | Oggi.jp

補足:

  • 目の当たりにすることで、強い印象を受けることができる。
  • 目の当たりにしたことは、記憶に残りやすい。