「身銭を切る」とは、自分の金銭を支払い、リスクを負うこと

「身銭を切る」とは、自分の金銭を支払い、リスクを負うこと。

読み方: みぜにをきる

意味:

  • 自分の金銭を支払い、リスクを負うこと。
  • 自腹を切る。
  • 責任を持って行動すること。

語源:

  • 古くは「身銭」は「身分証明書」の意味だったが、江戸時代頃から現在の意味で使われるようになった。

使い方:

  • 何かにお金を投資したり、保証したりする時に使う。
  • 責任を持って行動することを強調したい時に使う。

例文:

  • 彼は、自分の会社を立ち上げるために、身銭を切った。
  • 彼女は、プロジェクトの成功を保証するために、身銭を切った。

類義語:

  • 自腹を切る
  • 投資する
  • 責任を持つ
  • リスクを負う
  • 真剣に取り組む

対義語:

  • 他人の金を使う
  • 無責任
  • 遊び
  • 軽率
  • 無関心

参考URL:
身銭を切る(みぜにをきる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

補足:

  • 身銭を切ることは、必ずしも成功を保証するものではありません。しかし、リスクを負うことで、より大きな成果を得られる可能性もあります。