「鳴り物入り」とは、大々的に宣伝したり、前評判が非常に高かったりする様子

「鳴り物入り」とは、大々的に宣伝したり、前評判が非常に高かったりする様子。

読み方: なりものいり

意味:

  • 大々的に宣伝したり、前評判が非常に高かったりする様子。
  • 期待が大きいこと。

語源:

  • 歌舞伎で、三味線以外の楽器を総称する「鳴り物」が由来。華やかで賑やかな様子を表す。

使い方:

  • 新製品や新サービスの発売など、注目度の高い出来事を紹介したい時に使う。
  • 期待されている人物や物事を強調したい時に使う。

例文:

  • 鳴り物入りで発売された新型スマートフォンは、すぐに売り切れてしまった。
  • 彼女は、鳴り物入りでデビューした新人女優だ。

類義語:

  • 大々的に
  • 華々しく
  • 期待
  • 注目
  • 話題

対義語:

  • 静かに
  • ひっそりと
  • 無名
  • 無関心
  • 不人気

参考URL:

「鳴り物入り」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書
補足:

  • 鳴り物入りで登場したものが、必ずしも期待に応えられるとは限りません。