「年貢の納め時」とは、悪事を重ねてきた者が、罪に服して報いを受ける時が来たこと

「年貢の納め時」とは、悪事を重ねてきた者が、罪に服して報いを受ける時が来たこと。

読み方: ねんぐのおさめどき

意味:

  1. 転じて、

    • 悪事を重ねてきた者が、罪に服して報いを受ける時が来たこと。
    • これまで逃げてきた責任を負わなければならない時が来たこと。

語源:

  • 江戸時代の年貢は、農民にとって重い負担であり、納期までに納められない場合は厳しい取り立てを受けた。
  • そこから、「年貢の納め時」は、避けられない義務や責任を果たさなければならない時を比喩的に表現するようになった。

類義語:

  • 天網恢恢疎にして漏らさず
  • 報い
  • ツケが回る
  • 責任を果たす
  • 罪を償う

対義語:

  • 逃れる
  • 免れる
  • 責任を果たさない
  • 無罪

例文:

  • 会社の不正を隠してきた社長も、ついに年貢の納め時が来たようだ。
  • 彼は長年、借金を踏み倒してきたが、ついに年貢の納め時が来た。
  • 悪事を重ねてきた者は、いずれ年貢の納め時が来る。

使い方:

  • 「年貢の納め時」は、悪事を重ねてきた者が報いを受けることや、これまで逃げてきた責任を負わなければならないことなどを表す際に使われます。
  • 文章だけでなく、会話でもよく使われます。

その他:

  • 「年貢の納め時」は、日本語の慣用句です。
  • 英語では、「The day of reckoning has come.」、「It's time to pay the piper.」、「One's chickens come home to roost.」などの表現が近い意味になります。

関連情報:

  • 年貢の納め時 - goo辞書: [無効な URL を削除しました]
  • 年貢の納め時 - コトバンク: [無効な URL を削除しました]

補足:

  • 「年貢の納め時」は、必ずしも悪い意味で使われるわけではありません。
  • 長年努力してきた者が、ようやく成果を得られる時という意味で使われることもあります。

関連表現:

  • 天網恢恢疎にして漏らさず
  • 報い
  • ツケが回る
  • 責任を果たす
  • 罪を償う

参考URL:
年貢の納め時(ねんぐのおさめどき)とは? 意味や使い方 - コトバンク