「水も漏らさぬ」とは、完璧な警戒や守備で、少しの隙もない様子を表す慣用句

「水も漏らさぬ」とは、完璧な警戒や守備で、少しの隙もない様子を表す慣用句です。

意味

「水」は、液体の中でも最も漏れやすいものの一つです。その「水」も漏らさないほど完璧な状態であることから、隙のない完璧な様子を表現するために使われます。

使い方

「水も漏らさぬ」は、以下のような場面で使われます。

  • 警備が厳重な様子
  • 守備が堅固な様子
  • 秘密が厳守されている様子

例文

  • 重要施設の警備は、水も漏らさぬ厳重さだ。
  • 敵軍は、水も漏らさぬ守備で城を守っていた。
  • 彼は、水も漏らさぬ秘密主義者だ。

類義語

  • 鉄壁
  • 完璧
  • 万全

対義語

  • 隙だらけ
  • ザル
  • 油断

補足

「水も漏らさぬ」は、ポジティブな意味合いを持つ慣用句です。

参考URL:
水も漏らさぬ(みずももらさぬ)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書