鶏を割くにいずくんぞ牛刀を用いん

【漢字】鶏を割くにいずくんぞ牛刀を用いん
【読み】にわとりをさくにいずくんぞぎゅうとうをもちいん
【意味】鶏を割くのに牛を切る大きな包丁は用いないことから、小さな事を解決するのに、大がかりな手段は必要ないこと。
【例文1】幼稚園児のぬり絵に鶏を割くにいずくんぞ牛刀を用いんで、アクリル絵の具はまだ早いでしょ。
【例文2】ちょっとそこまで行くのにタクシーは鶏を割くにいずくんぞ牛刀を用いん。
【例文3】子どもの喧嘩に親は鶏を割くにいずくんぞ牛刀を用いん。

鶏を割くにいずくんぞ牛刀を用いんをテーマにした記事

物事を処理するのに、その手段は適切?「鶏を割くにいずくんぞ牛刀を用いん」

「鶏を割くにいずくんぞ牛刀を用いん」ちょっと聞きなれない言葉ですが、多くの含蓄に溢れた言葉です。
中国にあまりなじみのない人でも、「牛刀」とは牛を解体する大きな包丁であることはお分かりいただけると思います。
割かれるのは小さな鶏、それを解体しようとするのは不釣り合いに大きな牛刀、ちょっと考えただけでもアンバランスですよね。
これが転じて、小さな物事に当たるのに、有能な人物を配したり、大げさな手段を用いる必要はない、という意味になりました。
ちなみにこの言葉は、孔子の故事に由来しています。
孔子の弟子である子游という人物が、武城という街の長になったとき、孔子の教えである礼楽(礼儀と音楽。孔子が国政の基本として弟子に教えたもの)を実施しているのを見て、「小さな街なのに、一国を治めるような施政を施す必要があるか」という意味で「鶏を割くに・・・」という言葉を言ったのです。
ちなみに、弟子の子游は「礼楽の道は上のものにも下のものにも施すべきであって、それでこそよく治まると先生に教わりました」と返したそうです。
それを聞いて孔子は「君が正しい」と弟子を認めたとか。
小さな物事を処理するのに、大きな手段を用いる必要がない、というのはそのとおりですが、孔子と弟子の場合に限って言えば、弟子の方に軍配が上がったようですね。
とはいえ、日常、物事を処理するのに不適切な手段を用いるのは確かにおかしなもの。
適切な手段を使えるよう臨機応変に対応したいですね。

」で始まる言葉一覧

2557.任重くして道遠し 1882.二番煎じ 1858.日常茶飯事 1903.二枚目 1110.鶏を割くにいずくんぞ牛刀を用いん 1142.人間到る所青山有り 911.二の舞を演じる 1012.二枚舌を使う 1078.二律背反 1045.にらみを利かせる 945.二の矢が継げない 979.にべもない 804.二兎を追う者は一兎をも得ず 690.煮ても焼いても食えない 729.二転三転 613.似て非なるもの 840.二の足を踏む 768.二度あることは三度ある 876.二の句が継げない 452.二束三文 369.錦の御旗 241.憎まれっ子世にはばかる 574.日進月歩 327.逃げるが勝ち 284.肉を切らせて骨を断つ 533.似たり寄ったり 492.二足の草鞋を履く 410.西も東もわからない 153.逃がした魚は大きい 197.苦虫を噛みつぶしたよう 65.二階から目薬 21.煮え湯を飲まされる 109.荷が重い 11.人間万事塞翁が馬