武士は食わねど高楊枝

【漢字】武士は食わねど高楊枝
【読み】ぶしはくわねどたかようじ
【意味】武士は食事ができなくても食べてきたかのように爪楊枝をくわえる姿から、痩せ我慢している様子をいう。
【例文1】お金がなくて武士は食わねど高楊枝でダイエット中だとごまかした。
【例文2】独り身でクリスマスシーズンは武士は食わねど高楊枝で率先してシフトを入れる。
【例文3】周りは既婚者ばかりだが、自分は仕事が生きがいだと武士は食わねど高楊枝。

武士は食わねど高楊枝をテーマにした記事

武士は食わねど高楊枝がカッコいいとは思えない

私は「武士は食わねど高楊枝」という言葉を聞いて、身分やプライドが最優先しているように思いました。
確かに身分やプライドも大切だとは思いますが、やはり人間が生きていくためにはまずは食べなければなりません。
逆に言えば、身分が高く、プライドがあるからこそ、空腹でもそのように見せられないというのもあるかもしれません。
倹約志向の延長なのかもしれませんが、空腹を我慢してまで質素倹約する必要はないと思います。
当時の人たちは身分に限らず、食事は今よりも質素だったのだと思います。
しかし、だからといってあたかもごちそうをたらふく食べたという自分を演技しなくても良いのではないかと思いました。
私も以前は食べられない時期がありました。
人間は本当に食べられなくなった時、初めてプライドを捨てることができるのかもしれません。
やはり食べてお腹を満足させてから、身分やプライドを追及していくべきだと思います。
食べるものがないのなら、自分で食べるものを作るなど、まずは食生活を確保したほうが良いでしょう。
見栄やプライドはそれからでも遅くはないでしょう。
身分格差があるから、こういった無駄な見栄やプライドを持たないといけないのかもしれません。
これは今の時代にも言えるような気がします。

」で始まる言葉一覧

1862.不退転 1885.仏頂1435.不眠不休 1461.冬来たりなば春遠からじ 1485.振り出しに戻る 1509.故きを温ねて新しきを知る 1596.粉骨砕身 1680.文明開化 1554.付和雷同 1409.不偏不党 1575.刎頸の交わり 1638.文は人なり 1659.文武両道 1617.踏んだり蹴ったり 1532.不老不死 1355.舟に刻みて剣を求む 1297.懐を痛める 1207.不撓不屈 1237.不得要領 1267.懐が寒い 1382.船をこぐ 1327.腑に落ちない 1102.深い川は静かに流れる 1114.筆が立つ 1146.筆を入れる 1177.筆をおく 915.不即不離 1016.蓋を開ける 983.豚に真珠 1049.物議を醸す 949.二つ返事 1082.降って湧いたよう 807.武士は食わねど高楊枝 695.吹けば飛ぶよう 734.不言実行 656.袋の鼠 618.河豚は食いたし命は惜しし 771.不幸中の幸い 880.不承不承 844.不惜身命 456.不帰の客となる 203.夫婦喧嘩は犬も食わない 247.風林火山 579.不倶戴天 290.武運長久 539.覆水盆に返らず 333.笛吹けど(も)踊らず 498.複雑怪奇 416.不可抗力 159.風前の灯 71.風光明媚 27.風雲急を告げる 115.風樹の嘆 373.不覚を取る