酒は百薬の長

【漢字】酒は百薬の長
【読み】さけはひゃくやくのちょう
【意味】適量の酒は良薬よりも効果があると解釈する時に用いる。
【例文1】家族に禁酒を勧められたが、酒は百薬の長だと主張する。
【例文2】毎晩の適量の酒は百薬の長だ。
【例文3】風邪をひいても市販の薬より酒は百薬の長だ。

酒は百薬の長をテーマにした記事

酒は百薬の長の個人的意見

酒は百薬の長、意味はどんな薬より酒が効くということです。現代において酒にまつわる不祥事は数えきれませんが、身に病が起きた時酒で治してしまおうという素晴らしい考えだと思います。私自身も単なる風邪の時は酒を飲み体温を上昇させ汗をかいて寝るという手法を駆使してます。まぁ実際に効いているかと言われると気の持ちようだと思いますが、個人的には効いてはずです。病は気からということわざと同じで身体に暗示をかけているのではないでしょうか。向かい酒という言葉もあるように酒には酒が効くならば身体にも良いではないかと思います。睡眠薬がわりに酒を少し飲むとよく眠れると聞いたこともあります。
実際に消毒液などはアルコールなので薬品として使われているのも事実であり、現代ではなくてはならない代物のです。酒にまつわる話は多々あると思いますが酒は百薬の長よく言ったことわざです。
実際に身の回りの方の話ですが、酒を適度に飲むことで次の日の調子が良くなる人もいます。過労には酒がいいようで毎晩焼酎をコップ3杯飲むと次の日の元気に仕事にいけるとのこと。ただの酒好きだと言ったらそれまでですが、参考までに話を聞いております。
私も酒でよく眠れたりするので酒は適量であれば健康にいいのは実感できてます。

」で始まる言葉一覧

1898.猿真似 1876.猿知恵 1852.猿芝居 1546.賛否両論 1523.三拍子揃う 1500.三拝九拝 1476.残念無念 1451.三年飛ばず鳴かず 1425.三人寄れば文殊の知恵 1399.三度目の正直 1372.山椒は小粒でもぴりりと辛い 1226.三顧の礼 1316.三尺下がって師の影を踏まず 1256.三三五五 1286.山紫水明 1345.三十六計逃げるに如かず 1134.去る者は日々に疎し 1166.触らぬ神に祟りなし 1196.三寒四温 1069.猿も木から落ちる 1036.座右の銘 1003.鯖を読む 970.里心が付く 901.五月の鯉の吹き流し 936.察しが付く 830.さじを投げる 794.砂上の楼閣 757.座して食らえば山も空し 679.酒は百薬の長 718.雑魚の魚交じり 602.先んずれば人を制す 866.左遷 641.策士策に溺れる 853.去る者は追わず、来る者は拒まず 889.才子多病 230.再三再四 316.才色兼備 481.先を争う 273.才子才に倒れる 563.先を越す 441.賽は投げられた 358.細大漏らさず 522.鷺を烏と言いくるめる 399.采配を振る 186.幸先がいい 54.細工は流々仕上げを御覧じろ 142.最期を遂げる 98.歳月人を待たず