鷺を烏と言いくるめる

【漢字】鷺を烏と言いくるめる
【読み】さぎをからすといいくるめる
【意味】間違っているのに、正しいと意見だと言い通す。
【例文1】彼は鷺を烏と言いくるめてばかりで非を認めない。
【例文2】苦し紛れの言い訳に鷺を烏と言いくるめる。
【例文3】鷺を烏と言いくるめても無駄。

鷺を烏と言いくるめるをテーマにした記事

鷺を烏と言いくるめるのは、成功しても失敗です。

似たような意味の言葉で、白馬は馬にあらず、這っても黒豆、鹿を指して馬と為す、などが挙げられます。
およそ言葉遊びに終始して相手を納得させるにはいたりません。
白馬の説を唱えた方は非業の死を遂げ、鹿を馬とした人も一時的に権力が強まりましたが末路は哀れです。
自分の無理な言い分を無理矢理に押し通そうとする者が悲壮な運命をたどっても同情など集まるものでありません。
偉そうな哲学者がうさん臭い弁舌を延々と展開しても鬱陶しく思われるだけです。
このような無理がある論理が展開されるのは、大抵が釈明や説明の場においてです。
表面上は理路整然とした持論をひたすらに展開するのは、とりあえず説明会が存在したことを証明する程度の理由からでしょうか。
その場に集まった聴衆は説得されに来たわけではなく、納得できないから来ているのです。
話の内容は頭で理解しても、心が納得しなければ誰一人賛同するはずもありません。
どれほど隙のない理論武装をして反対意見を封殺しても、納得させられないなら机上の空論と大差ないです。
生きている人間相手に、己の狭量な論理展開を押し付けてもつき返されるだけでしょう。
鷺を烏と言いくるめることに成功しても、納得しない人間は意図したようには動かず大失敗は疑う余地も有りません。
必要性や他にとるべき方法がないことなどを切々と訴え、頭を下げて納得してもらおうとする方がまだマシです。

」で始まる言葉一覧

1898.猿真似 1876.猿知恵 1852.猿芝居 1546.賛否両論 1523.三拍子揃う 1500.三拝九拝 1476.残念無念 1451.三年飛ばず鳴かず 1425.三人寄れば文殊の知恵 1399.三度目の正直 1372.山椒は小粒でもぴりりと辛い 1226.三顧の礼 1316.三尺下がって師の影を踏まず 1256.三三五五 1286.山紫水明 1345.三十六計逃げるに如かず 1134.去る者は日々に疎し 1166.触らぬ神に祟りなし 1196.三寒四温 1069.猿も木から落ちる 1036.座右の銘 1003.鯖を読む 970.里心が付く 901.五月の鯉の吹き流し 936.察しが付く 830.さじを投げる 794.砂上の楼閣 757.座して食らえば山も空し 679.酒は百薬の長 718.雑魚の魚交じり 602.先んずれば人を制す 866.左遷 641.策士策に溺れる 853.去る者は追わず、来る者は拒まず 889.才子多病 230.再三再四 316.才色兼備 481.先を争う 273.才子才に倒れる 563.先を越す 441.賽は投げられた 358.細大漏らさず 522.鷺を烏と言いくるめる 399.采配を振る 186.幸先がいい 54.細工は流々仕上げを御覧じろ 142.最期を遂げる 98.歳月人を待たず