采配を振る

【漢字】采配を振る
【読み】さいはいをふる
【意味】指揮をとる。指図をする。
【例文1】監督が采配を振る。
【例文2】攻撃の采配を振るタイミングを見計らう。
【例文3】采配を振るチャンスがくる。

采配を振るをテーマにした記事

上手く采配を振る事が成功のカギ

仕事やその他の場面で自分が先頭に立って指示をしなければいけない時、どうしても采配を振る必要が出てきます。
私は仕事でグループのリーダーになることが何度かありました。

そこで毎日、仕事の段取りを決めて、グループのメンバーに支持をしなければなりません。
リーダーの采配の振り方によって、仕事の効率は変わってくると思います。

また、時には予定外のことも起こります。
この予定外のことが意外と多く、そこでリーダーの力量が試されているような気がします。

上手く采配を振ることができれば、それほど大きな問題にはならずに事が運ぶようになります。
しかし、時には自分で判断しかねる難しい問題に直面することがあります。

そのような時はリーダーでも上司に相談し、素直に支持を仰ぐようにしています。
どんな問題でも最終責任者は会社で言えば社長になってしまいます。

いくら担当グループのリーダーだからと言って、全ての責任を負うことはできません。
上司がいれば、その人の方が責任がかかってきますし、自分のミスでも最終責任は他の人が取らなければいけないこともあります。

特に会社組織では一人ではなくチームで動いていますし、チーム同士の関係もあります。
そのため、小さなグループでもそれぞれが上手く采配を振ることができれば、上手く会社は機能していけるものだと思います。

」で始まる言葉一覧

1898.猿真似 1876.猿知恵 1852.猿芝居 1546.賛否両論 1523.三拍子揃う 1500.三拝九拝 1476.残念無念 1451.三年飛ばず鳴かず 1425.三人寄れば文殊の知恵 1399.三度目の正直 1372.山椒は小粒でもぴりりと辛い 1226.三顧の礼 1316.三尺下がって師の影を踏まず 1256.三三五五 1286.山紫水明 1345.三十六計逃げるに如かず 1134.去る者は日々に疎し 1166.触らぬ神に祟りなし 1196.三寒四温 1069.猿も木から落ちる 1036.座右の銘 1003.鯖を読む 970.里心が付く 901.五月の鯉の吹き流し 936.察しが付く 830.さじを投げる 794.砂上の楼閣 757.座して食らえば山も空し 679.酒は百薬の長 718.雑魚の魚交じり 602.先んずれば人を制す 866.左遷 641.策士策に溺れる 853.去る者は追わず、来る者は拒まず 889.才子多病 230.再三再四 316.才色兼備 481.先を争う 273.才子才に倒れる 563.先を越す 441.賽は投げられた 358.細大漏らさず 522.鷺を烏と言いくるめる 399.采配を振る 186.幸先がいい 54.細工は流々仕上げを御覧じろ 142.最期を遂げる 98.歳月人を待たず